AirTagよりはるかに悪い他のトラッカーのプライバシー上の危険性が明らかに

AirTagよりはるかに悪い他のトラッカーのプライバシー上の危険性が明らかに

AppleのAirTagを含む多数のトラッカーで密かに夫を追跡していたNew York Timesの記者は、確かにプライバシー上の懸念はあるものの、他の類似のデバイスは安全上の懸念がはるかに大きいことを明らかにしました

New York Timesに寄稿したKashmir Hill氏は、AppleのAirTagが追跡のための十分な安全保護機能を持っていないという主張の検証に乗り出しました

彼女は、3つのAirTag、3つのTiles、そしてGPSトラッカーを夫とその持ち物に仕掛け、それらがどれだけ正確に夫の動きを明らかにし、どのような動きを発見したのかを見て、両方の主張を検証することにしました

彼女は、人がまばらな場所ではトラッカーがAirTagやタイルよりも優れていましたが、AirTagの効果は “夫がニューヨークに旅行した日、iPhoneを持つ人々に囲まれたため、急上昇した” ことを発見したのでした

彼女は、車にトラッカーを忍ばせてから2時間以内に、夫が「特定できないAirTagが一緒に移動している」というアラートを受け取っていたと指摘しました

スポンサーリンク


問題は、それが見つからないことでした

アラートには、AirTagに音を聞かせることができると書かれていましたが、それを実行しようとすると、携帯電話がデバイスに接続されないのです、これが何度も続き、彼はイライラし始めました

「靴の中に入っているのか?」と、ある時、彼は青いナイキを脱いで覗き込みながら彼女に「教えてよ。靴を壊してまで探したくはないんだ」尋ねました

一度だけ、車の中で彼のiPhoneがAirTagに接続し、ノイズを再生することができましたが、どこからノイズが出ているのかが分かりにくく、彼は5分後に探すのをあきらめました

彼女は、AirTagを批判する人たちと同じように、追跡を止めるためのAppleの安全策は完全なものではないと結論付けています

しかし、彼女の夫は、Tileトラッカーも自分を尾行していることや、専用のGPS追跡装置について全く知らなかったと言います

スポンサーリンク


記事の最後は次のとおりです

「AirTagsの評判は悪く、検出の仕組みも不安定でしたが、少なくとも私は一貫してAirTagsが私を追跡しているという通知を受け取っていました」と彼は言います

Tileのような他のトラッカーのプライバシーの危険性ははるかに悪かったと結論付けています

昨日、AppleはAirTagsをより安全にするための新しい計画を発表し、セットアップのプロセスに追跡に関する新しい警告を追加しました

また、AirTagが追跡に使われていることを知っていても見つけられないという問題を回避するために、iPhone 11以降に搭載された、近くにあるAirTagを簡単に見つけることができる新機能「Precision Finding」を追加し、AirTagの音を大きくし、警告を早く出すようにすると声明を発表しています

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)