Googleは、Gmailを使って購入した履歴を追跡するが、それを削除するのは難しい

Googleは、Gmailを使って購入した履歴を追跡するが、それを削除するのは難しい

MacやiOSデバイスでGmailを利用されている方も多いのではないでしょうか?

Google以外からの購入も追跡

店舗やAmazonのように他で購入した場合でも、Googleは購入したものの多くを追跡します

先週、最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏は、「プライバシーは贅沢品にはなり得ない」と述べたNew York Timesの記事を書いた

しかし、その裏では、GoogleはGmailなど、使用しているサービスから多くの個人情報を収集しており、簡単に削除できないものもあります

Purchases」というページには、少なくとも2012年にさかのぼって購入したものの全部ではありませんが、多数の正確なリストが表示されます

Amazon、DoorDash、Seamlessなどのオンラインサービスやアプリを使って購入しました、またはメイシーズのような店で購入しましたが、それらはGoogleを通して購入することは出来ません

しかし、デジタル領収書は私のGmailアカウントに送信されたので、Googleは私の購買習慣に関する情報のリストを持っています

このサンプルは、先週購入したものです
Google Buy history 00001
自分が購入したものを見るのはここから見ることが出来ます、 http : //myaccount.google.com/purchases

実際に自分が購入したものを確認してみました

Google Buy history 00001

スポンサーリンク


Googleの広報担当者は、次のように述べています

購入、予約、購読を1か所で簡単に確認して追跡できるようにするために、自分だけが閲覧できるプライベートの送信先を作成しました
この情報はいつでも削除できます。Gmail メッセージの情報を使用して広告を配信することはなく、購入ページに表示されるメールの領収書や確認も含まれています

簡単に削除できない

しかし、これらすべてを削除する簡単な方法はありません

Gmailの受信トレイとアーカイブされたメッセージのすべての受信確認を削除できます

しかし、後で返品するときに必要になる場合に備えて、Gmailに領収書を保存することができます、Gmailからも削除せずに購買からそれらを削除する方法はありません

購入の「削除」オプションをクリックすると、Gmailメッセージに戻るだけです
Google Buy history 00002

Googleのプライバシーページには、購入者だけが自分のの購入を見ることができると書かれています

しかし、「あなたの注文についての情報は、他の Google のサービスであなたの活動と一緒に保存することができます、マイアクティビティのページででこの情報を表示し、削除することができる」

Googleは CNBC は、追跡を完全にオフにすることができますが、検索設定の設定のために別のページに移動する必要があると述べました

しかし、CNBC がこれを試したとき、追跡を完全にオフにするためのそのようなオプションはありませんでした

スポンサーリンク

ほとんどの人に知られていない

Google によると、「GmailやGoogleアカウント情報を含む個人情報を販売しない」こと、および「あなたの個人情報を広告主と共有しないことを約束します」という広告を掲載しています

しかし、Gmailから情報を引き出して、それを「購入」ページに表示することがほとんどの人には知られていないようです

広告に使用されていなくても、Googleが購入年数を追跡してその情報を削除するのを困難にする必要があるという明確な理由はありません

Googleは、設定を簡単にするために設定を単純化することを検討していると述べています

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)