Appleは、新製品の研究開発に多大な投資をしている

Appleは、新製品の研究開発に多大な投資をしている

新製品開発に多額の投資

Bank of Americaのアナリスト、Wamsi Mohan氏によると、Appleの研究開発費は2009年の10億ドルから今年の予想130億ドルに増加、株式報酬は含まれていないといいます

研究開発に投入された金額は、Appleがスマートフォンやタブレットの優位性を脅かす可能性のある新しい技術を撃退するためだけでなく、Appleがウェアラブル、フィットネス、そして健康などの新しい製品カテゴリに参入するのに役立つ可能性のある技術に投資するために多大な支出をしていることを示しています

同氏のレポートで次のように述べています

ウェアラブルをめぐる特許は、バイオメトリックセンサー搭載のAirPod、UVモニタリング搭載のApple Watch、AR / VRアプリケーション用のジェスチャー認識、自律走行を可能にする機械学習プロジェクト、さまざまな既存機器と自動車の統合を可能にすると示唆している

アナリストらによると、投資家は「Appleで現在進行中の技術革新が欠如していることの明らかな欠如」に焦点を当てているが、Appleは新製品カテゴリに適切に投資しています

スポンサーリンク

2018年の特許取得は 2,160件

Appleの大規模なスケールは、その小規模な製品ラインのいくつかがどれだけ大きいかを隠すことができます

「たった4年のウェアラブル事業は、売上高が約150億ドル(Netflix、Paypalなどに相当)のフォーチュン200社の規模ですが、2018年にはiPhoneの総規模は1,550億ドル(ゼネラルモーターズと同様)」とMohan氏は述べています

IFI Claimsの調査によると、Appleは2018年に2,160件の特許を取得しており、2017年から3%減少しました

Samsung,、Qualcomm、Microsoft、IBM を含む8社が2018年に取得した特許は 9,100件でした

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)