スタンフォードの科学者たちは、最大90%の精度で死を予測できるAIを発明している

スタンフォードの科学者たちは、最大90%の精度で死を予測できるAIを発明している

今日の人間は、以前よりもずっと長く生きています
それは素晴らしいニュースですが、近代的な医療の進歩により、患者は通常の生活を続けるための第2のチャンスを与えているので、終末期のケアは計画するのが難しいままです

誰かが死ぬときの予測は非常に困難で、しばしば不快なものですが、スタンフォードの研究者はAIを驚くほど正確に予測できるように訓練し、終わりに近づいている患者の終末期ケアに革命を起こす可能性があります

目標は、最終的な数ヶ月、数週間、および日々の個人の正確なタイムラインと、患者(および家族)の希望をよりよく一致させることであり、避けられないことを先取りする機会を与えます
この研究は、「ディープラーニングによる緩和ケアの改善」というタイトルで、現在オンラインで入手可能です

スポンサーリンク


「入院患者の終末期ケアの質を改善することは、医療機関にとって最優先事項です」と研究者らは書いています
研究では、医師が患者の望みと実際のケアの間ミスマッチで、治療慣性の結果と組み合わせることで、予後を過大評価する傾向があることを示しています

医者からの不正確な予測は、最終的な日を患者が自宅で、愛する人に囲まれての最後の日を過ごすなどではなく、病院の病棟でむかえるような望ましくない結果を招く可能性があります
方程式(感情と楽観主義によって影響を受けるかもしれない)から人間の予測要素を取り除くことにより、アルゴリズムはデータを計算した見解をとり、事実に基づいて呼び出します

その結果、より正確な死亡予測が可能になり、患者とその家族は最高の快適な最後の送り出しを計画することができます

研究者が開発したアルゴリズムは、200万人を超える患者の記録を訓練しています、そのデータを使用して、AIは単一の医師には見えないパターンを見つけることができ、そのパターンから描くことによって、病気の患者が最終的な終わりのタイミングを知ることができます

アルゴリズムが、緩和ケアを受けている患者の終わりを予測するために使用される場合(つまり、12ヶ月を超える生存期間がないことを意味する)、死亡率は90%という驚異的な精度で予測されます

AIがその予測についてどうやっているかは非常に複雑で、研究者はシステムがどのようにデータを摂取しているかを知っていますが、アルゴリズムはその結論に達する方法を簡単に説明する方法はありません

それにもかかわらず、デジタル脳は、「方法」が二次的な関心事であるという予測で十分に正確です

(Via BGR.)


病気の判断にAIを導入と言うことを最近よく耳にするようになってきました、人間が判断するよりも正確だとか・・・

実際に私は、すい臓がんで余命4ヶ月の告知を受けました、この時説明を受けたのは4ヶ月はあくまで一般的な数値で人によって違いますと、抗がん剤治療を受けることによって余命が倍近く延びる可能性もあり、がんが小さくなる可能性もあると

事実、抗がん剤の副作用に苦しんで効果のないまま最後をむかえる人が多いことも、知っていましたが私は抗がん剤治療を受けることを選択しました、4ヶ月を意識しながら何をすべきか!しておかないといけないか!を意識しながらの生活でした

幸いにも告知から半年後に手術ができて、現在告知から3年半になりますが、たまたま上手くいったのだと思います、上手くいかなくて4ヶ月も持たなかったり抗がん剤の副作用で苦しんでいたかもしれません

それも、自分が選択したことですから仕方のないことです

精度が70%なら頑張ろうとか、90%なら諦めようとかと言う判断においては、正確なことに越したことはないわけです

幾ら精度が90%であろうと、残り10%あるわけです・・・僅か10%と思うか、10%もと思うかは人によって体力や年齢によって捕らえ方が違うと思います

終末期のケアはこれからの大きな問題だと思います、結果を本人がどのように捕らえて、どのように望むかが一番大切になってくるように思います

最終的には、本人の気持ちに委ねられるものだと思います

また、死を予期できるとして、予期された期間にどれだけ普通の生活が送れるかと言うことも重要になってくるように思います


では、では・・・










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)