インド政府は、Appleに対して地元の製造税を許可したと発表

インド政府は、Appleに対して地元の製造税を許可したと発表

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

関税譲歩

以前に「インド政府は、Appleの税金と関税譲歩に対する要求に取り組んでいる」と投稿しましたが

インド政府は、Apple Inc(AAPL.O)が、地元の製造税で使用することを意図した携帯電話用部品を輸入することを許可したと発表しました

税制上の譲歩は、ある期間に渡って増加するローカル付加価値の条件に服します

Appleは、インド最大のスマートフォン市場であるシェアの拡大を目指す連邦大臣会合で、ベンガルール南部の技術拠点で契約製造業者の施設を拡張したいとの声明を発表しました

カリフォルニア州クパチーノに拠点を置くAppleは、先週、ベンガルールにある台湾の委託製造元Wistronの工場でiPhone SEを作り始めました

Appleは3月に5,000万台以上のiPhoneを販売しましたが前年同期比で1%減っています、中国での販売が鈍化したため、新しい市場を探していました


スポンサーリンク




税制上の譲歩の中で、アップルは当初、インドの製造施設を設立するために輸入するすべての部品について、15年の休暇を求めていたましたが省庁は、この要求を拒否し、製造現場生産のシェアを拡大​​するための段階的なプログラムを提供している、とAruna Sundararajan、Electronics and IT省長官は述べました

Sundararajanは、ロイター通信に対し、「インドで製造することができなかった部品については免税税を徴収するよう提案している」と述べ、ロイター通信に対し、現地生産コンポーネントを徐々に増やす必要がある」と付け加えました

これまで、エレクトロニクスとITの連邦閣僚であるRavi Shankar Prasadは、政府関係者がAppleや他の携帯電話メーカーに、施設の拡張と新しい工場の建設について連絡を取っていたと語っています

インドとAppleが共通の立場に合意したと言ってもちょっと早いだろう、とインド政府は製造業を奨励するロードマップを準備する準備が整ったと述べました

Appleは、まだ何もコメントはしていません

エレクトロニクスとITの連邦閣僚であるRavi Shankar Prasadは「インドとアップルが共通の立場に合意したと言えるのはちょっと早いだろう」と述べ、インドは製造業を促進するためのロードマップを策定する用意があると付け加えました

また「Appleが戻ってくるのを待っている」と語っています

(Via REUTERS.)

Appleにとって、インドは大変大きな市場で今後を大きく左右する問題だと思います

Apple Storeをインドに造ると言うような発表になれば、合意に達したと考えられるのではないでしょうか?


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)