【Mac】もっと早く買えば良かった!「低反発リストレスト」がこんなに楽だなんて

【Mac】もっと早く買えば良かった!「低反発リストレスト」がこんなに楽だなんて

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

キーボード用低反発リストレスト



私の使っているキーボードはメカニカルスイッチの「Matias Tactile Pro Keyboard for Mac (US)」です

昔からの慣れで、カシャカシャと音は多きのですがメカニカルスイッチのキーを押した感じが好きなので、MacのキーボードがUSB接続に変わって暫くメカニカルスイッチキーボードが消えた時以外は、ほぼずっとメカニカルスイッチのキーボードを使っています

以前のメカニカルスイッチのキーボードの時も「リストレスト」を利用していました

AppleのMagic Keyboardと比較するとキーストロークが深い分キーボードに厚みがあります、その分手首を浮かせたり手のひらのこの部分を机に付いていたりと疲れが大きいのと机に長時間付いていると痛くなったりします

Pad 001a

上の画像が「Matias Tactile Pro Keyboard for Mac (US)」で下の画像が「Magic Keyboard」で、リストレストとの高さが解るように撮影してみました
Pad 004
Pad 003

実際に両方で入力してみたのですが「Magic Keyboard」の方は高さが低い分「Matias Tactile Pro Keyboard for Mac (US)」と比較すると入力はし難いので下に台を置いて少し高さを上げると良いと思います



スポンサーリンク



Magic Trackpad 2で使用の低反発リストレストミニ



この「リストレストミニ」は本来はマウス用のようですが「Magic Trackpad 2」でも先ほどの手の画像と同じ位置を机に付けて使うので、時間が長くなると痛くなってきます

キーボードの方は「リストレスト」に手首から10cm位の位置を乗せているのですが「Magic Trackpad 2」の場合は手首の位置を乗せて使うのが私にとっては使いやすいです
Pad 006

素材


素材は内部が「低反発ウレタンフォーム」で表面は「ネオプレン」

ネオプレンとは



デュポン社が商標登録しているもので「初のポリエステルとしてスーパー ポリマーを合成した当時、DuPont は既に有機化学研究の最先端にあり、 その化合物は後にネオプレンとして販売」となっています

「ネオプレン」は強度があり耐熱性や耐寒性にも優れているため、ダイビング用のウェットスーツとして使われているのが有名ですが、パソコン等の保護ケースの素材として使われているので見かけることは多いと思います

Pad 005

底面は、自己粘着性を利用したポリウレタンとなっており滑り止めとなっています

ほんと、もっと早く購入しておけば良かったと思います!!
















LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)