iPhone 14全モデルに120Hzディスプレイ、6GB RAMなどを搭載へ

iPhone 14全モデルに120Hzディスプレイ、6GB RAMなどを搭載へ

Appleは9月にiPhoneの新モデルを4つ発表するとうわさされており、アナリストのJeff Pu氏はそれに先立って、iPhone 14に対する自身の予測を明らかにしました

Haitong International Securitiesのリサーチノートによると、Pu氏はすべてのiPhone 14モデルにProMotionディスプレイが搭載されると述べました(現在のiPhone 13ではProモデルのみ)

ProMotionにより、最大120Hzの可変リフレッシュレートが可能になり、ビデオ、ゲーム、またはスクロールを見ているときにコンテンツがよりスムーズに表示されます

Pu氏は以前、iPhone 14 Proモデルには8GバイトのRAMが搭載されると述べていましたが、「サプライ・チェーン・チェック」に基づき、コストを考慮して、iPhone 14の4モデルすべてに6GバイトのRAMが搭載されると予想しています

6GBのRAMは、iPhone 14の標準モデルでは増量となりますが、Proモデルでは増量されません

スポンサーリンク

  • iPhone 13 mini : 4GB
  • iPhone 13 : 4GB
  • iPhone 13 Pro : 6GB
  • iPhone 13 Pro Max : 6GB
  • iPhone 14 : 6GB
  • iPhone 14 Max : 6GB
  • iPhone 14 Pro : 6GB
  • iPhone 14 Pro Max : 6GB

アナリストのMing-Chi Kuo氏と台湾の調査会社TrendForceによると、Pu氏はiPhone 14 Proモデルにアップグレードされた4,800万画素のメインカメラが搭載されると予想しています

同氏はまた、iPhone 14 Proモデルはストレージのスタートを128Gバイトから256Gバイトに増やすと述べています、同氏は、標準的なiPhone 14モデルには64 バイトのストレージが搭載されると予想していますが、これは疑わしい

Pu氏は、Kuo氏のような一部の著名なアナリストと比較して、Appleのうわさに関する実績があまり確立されていないため、他の情報筋によって裏付けられるまでは、懐疑的な見方をする必要があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)