AppleのAR/VRヘッドセット、過熱やその他の問題で2023年まで遅れる可能性も

AppleのAR/VRヘッドセット、過熱やその他の問題で2023年まで遅れる可能性も

Bloombergによると、長い間うわさされてきたAppleのAR/VRヘッドセットは、開発プロセス中に問題が発生し、2023年まで延期される可能性があります

Appleの計画に詳しい人物を引用して、このレポートは、Appleが当初、2021年にヘッドセットを発売し、今年出荷する予定であったと主張しています

その後、2022年6月のWWDCに照準を合わせて製品を発表しましたが、開発上の問題が多発し、実現の可能性は低いと報じられています

ヘッドセットは、オーバーヒートの問題や、カメラやソフトウェアの問題に直面していると言われています、このデバイスには2つのチップが搭載されるとうわさされており、Bloombergは、少なくとも1つのチップが最新のMacBook ProモデルのM1 Proと同等になると考えていますが、このチップの熱需要が過熱問題の原因であると考えられています

以前の設計では、ヘッドセットに無線でデータを送信する外部プロセッサデバイスを使用して熱の問題を緩和しようとしていましたが、Jony Ive氏はこのコンセプトを拒否したと報じられています

Appleは現在、約2,000人の従業員をAR/VRヘッドセットの開発に従事させていると言われます

スポンサーリンク


こうした開発上の問題のため、Appleは現在、同ヘッドセットの発売を2022年末または2023年に延期することを検討しています

Appleはサプライチェーンのパートナーに、このデバイスが2023年までに発売されることはなさそうだと伝えたとされていますが、2022年末までに発売されるようベンダーに圧力をかけているようです

LG Innotekが提供するヘッドセット用カメラは、早ければ今年第2四半期に生産を開始する予定です

同社は2023年のWWDCで、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)アプリの開発に注力し、App Storeを立ち上げる計画だとみられています

ヘッドセット自体は、社内開発コード名「Oak」と呼ばれる「rOS」を実行すると噂されています

「Sydney」という開発コード名が付けられていると社内で言われているiOS 16には、デバイスの基礎を築くためにヘッドセットのサポートが組み込まれるようです

Bloombergによると、これはAppleが今年のWWDCで「ヘッドセットまたはそのソフトウェアの技術的な側面を、完全なデバイスを見せることなく、理論的にプレビューすることができる」ことを意味すると指摘しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)