iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのパンチディスプレイ、LGとSamsungが供給へ

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのパンチディスプレイ、LGとSamsungが供給へ

韓国のサイトThe Elecによると、来年のiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxには、SamsungとLGが供給するホールパンチ型LPTO OLEDディスプレイパネルが搭載されるとのことです

2022年モデルのiPhoneにノッチが搭載されないという噂は、今年3月にAppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Androidデバイスが数年前から使っている穴開けデザインを採用すると言ったことから始まりました

ホールパンチとは、前面カメラ用の切り欠きを中央に配置することで、ノッチの代わりに表示面積を広くするものです

Kuo氏は、ハイエンドのiPhoneモデルは少なくともホールパンチ デザインになると考えていますが、歩留まりが良ければ、2022年に発売されるすべてのiPhoneモデルは同じノッチのないデザインになる可能性があります

スポンサーリンク


最近のうわさでは、Pro以外のiPhone 14モデルにはノッチが残ることが示唆されており、Appleはホールパンチのデザインを高価なiPhoneに限定しています

報道によると、小型デバイスの今年のバージョンが最後となるiPhone 14、iPhone 14 miniはないと言います

The Elecの最新レポートによると、Appleの圧倒的な有機ELパネルサプライヤーであるSamsungは、6.1インチのiPhone 14 Proのホールパンチパネルをすべて供給し、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxは初めてLG Displayと受注を共有するとのことです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)