iOS 15では、Face IDのなりすまし防止機能などの脆弱性が改善

iOS 15では、Face IDのなりすまし防止機能などの脆弱性が改善

今回リリースされたiOS 15とiPadOS 15 のアップデートでは、Face IDになりすましを防ぐ改良モデルが追加されており、iPhone X以降のモデルとiPad Proモデルにおける顔認識のセキュリティがさらに強化されています

アップデートに関するAppleのセキュリティサポート文書によると、Face IDを使って認証できるFace IDの脆弱性がありました、この脆弱性は、iPhoneの所有者のように3Dモデルを組み立てることでロックを解除できます

Appleによると、この問題はFace ID機能の改善によって解決されており、iPhone X、iPhone XR、iPhone XS(全モデル)、iPhone 11(全モデル)、iPhone 12(全モデル)、iPad Pro(11インチ)、iPad Pro(第3世代)で利用できます

スポンサーリンク


他にも多数のセキュリティ修正が含まれていますが、実際に使用されているものとして記載されているエクスプロイトはありません

Neural Engineには、Neural Engineを搭載したデバイス上で、アプリケーションがシステム権限で任意のコードを実行できる問題があり、CoreMLのバグにより、攻撃者がアプリケーションの予期せぬ終了や任意のコード実行を引き起こす可能性がありました

また、AppleはFontParser、Preferences、Siri、WebKit、Wi-Fiに関する問題にも対処しており、これらはすべてAppleのセキュリティ文書の全文に記載されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)