iPhone 13はApple Watchのような常時オンモードを搭載する可能性がある

iPhone 13はApple Watchのような常時オンモードを搭載する可能性がある

BloombergのMark Gurman氏がニュースレターPower Onの別の号で、Appleが数か月後にiPhone 13で発表すると彼が予想していることについて語っています

Bloombergは先週、Appleがサプライヤーに対して、この秋に向けて最大9,000万台の新型iPhoneの製造を依頼していることを報じました

これは、2020年にiPhone 12で計画されている7,500万台よりも20%増となりますが、今回、Gurman氏はiPhone 13ラインに期待される機能のいくつかを改めて紹介しています

より高速なA15チップ、より小さなノッチ、バッテリーの持ちを良くするための新しいディスプレイ、そしてApple Watchのような常時表示モードと120Hzのリフレッシュレート、ビデオ撮影のアップグレードの可能性が期待される

120Hzのディスプレイはこれまでも一貫して噂されてきましたが、今回新たに登場したのは、iPhoneの有機ELスクリーンの恩恵を受けられるApple Watchのような常時点灯モードです

スポンサーリンク


昨年のサプライチェーンのレポートでは、今年のフラッグシップモデルiPhoneのディスプレイが常時オンになる可能性が指摘されていました

これが実現すれば、iPhoneユーザーだけでなく、常にオンになっているディスプレイを手に入れることができるため、夢見ていたProMotion技術を手に入れることができます

それ以外にも、iPhone 13にはより高速なチップが搭載され、ノッチが小さくなり、iPhone 12シリーズでは前モデルよりもバッテリーが小さくなっているため、バッテリーの持ちが良くなると、同氏は述べています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)