iPhone SEは通知のハプティックタッチをサポートしていないが、バグではない

iPhone SEは通知のハプティックタッチをサポートしていないが、バグではない

他のAppleの最新iPhoneラインアップと同様、新しいiPhone SEは3D Touchをサポートしていません

Appleは、ハプティックタッチで3D Touch機能の一部を再現しましたが、iPhone SEには、通知機能の拡張という重要な機能が欠けています

Appleは感圧式3D Touch機能をiPhone XRから廃止し、代わりに感圧式ではなく長押しで3D機能を再現するハプティックタッチ機能をiPhoneに導入しています

iPhone 11とiPhone 11 Proでは、通知を長押しして全文を表示できます、たとえば、Twitter通知を長押しすると、返信などのクイックアクションを含むツイートの完全なプレビューが表示されます

ロック画面と通知センターを介して新しいiPhone SEから欠けているのはこの機能です

Phone SEの着信通知の場合は、長押しして詳細を表示できます、ただし、ロック画面と通知センターから、長押ししてハプティックタッチを使用することはできません

スポンサーリンク


TechCrunchのMatthew Panzarino氏によると、ハプティックタッチによる通知の拡張がサポートされていないのは「バグではありません」、Panzarino氏によると、現在この機能は「意図した通りの状態で機能している」と、言います

これは信じられないほど奇妙な省略であり、AppleがiOSのアップデートでこの不足している機能を解決できないのはおかしい

iPhone 8は3D Touchを圧力感度でサポートしていたので、iPhone SEでこの機能を見逃してしまうだけでなく、Appleはハプティックタッチで機能を再現できていません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)