iPhone SEのポートレートモードは機械学習にのみ依存

iPhone SEのポートレートモードは機械学習にのみ依存

iPhone SEは、機械学習を使って1つの2 D画像から深度マップを作成することができます

先日発売開始されたiPhone SEは、主にiPhone 8のコピーで、一眼単眼カメラにまで及んでいるようです

カメラアプリHalideのメーカーからのブログ記事によると、iPhone SEは、Appleのラインナップの中で最初のものである “シングルイメージ単眼深度推定 “を採用しています

つまり、1枚の2D画像だけでポートレートボケ効果が得られる初めてのiPhoneということです

iPhone XRはそれを変更し、センサー「フォーカスピクセル」を使用してポートレートモードのサポートを導入しました

iPhone SEのカメラセンサーは基本的にiPhone 8と交換可能であることがiFixitの分解であきらかになりました、代わりに、エントリーレベルのiPhoneは完全に機械学習をによって深度マップを生成します

iPhone SEのポートレートモードは人にしか使えませんが、Halideによると、新バージョンのアプリではiPhone SE上の人以外の被写体にボケ効果を与えることができると言います

(Via Apple Insider.)

スポンサーリンク


Halide – RAW撮影ができる手動カメラ
価格: ¥730
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ

ss1 ss2











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)