Zoom、セキュリティを強化した「Zoom 5.0」をリリース

Zoom、セキュリティを強化した「Zoom 5.0」をリリース

Zoom 5.0

Zoom Video Communications, Incは、セキュリティを強化した「Zoom 5.0」をリリースしています

「Zoom 5.0」では、AES 256ビットGCM暗号化を使用してデータへの保護と改ざんに対する耐性を強化しました、2020年5月30日以降GCM暗号化はすべてのZoomミーティングで完全に有効となるため、Zoomクライアントはミーティングに参加する前にアップグレードする必要が在ります

Zoom 5.0に含まれるセキュリティ強化

セキュリティコントロールはグループ化され、主催者会議のメニューバーの「セキュリティ」アイコンをクリックすると見つかります
これらのコントロールにより、主催者は参加者が「画面共有」「チャット」「名前の変更」を行えるようにする機能を有効または無効にできます

  • ユーザーの報告
  • ホストは、Zoom の信頼と安全チームにユーザーを報告し、プラットフォームの悪用の可能性を確認し、適切なアクションを実行できます

  • 待合室を有効にする
  • すべての主催者は、会議がすでに進行しているときに待合室をオンにすることができます

  • 会議をロック
  • 不要な混乱を防ぐために、全員が到着したら会議をロックします

  • 参加者を削除
  • 主催者は参加者を削除する場合があり、会議に再参加することはできません

Mac Zoom 5 0 00002 z

スポンサーリンク

macOS版 5.0 .0 (23186.0427) のリリースノート

  • 既存機能の変更
    • Zoomアカウントまたは組織外のチャンネルメンバーとのプライベートチャットを防止
    • ワンクリック参加のWeb設定[会議リンクにパスワードを埋め込む]が無効になっている場合、コピーされたURLにはパスワードが含まれません
  • 新機能と強化された機能
    • AES 256ビットGCM暗号化
    • GCM 暗号化に対するシステム全体のアカウントの有効化は 2020年5月30日に行われ、Zoom Room を含むバージョン 5.0 以降の Zoomクライアントのみが5月30日から Zoom ミーティングに参加できるようになります

  • ミーティング機能
    • 会議中にユーザーを報告する
    • 会議の最後に追加のフィードバックオプション
    • 会議終了/脱退フローの強化
    • 接続されているデータセンターを表示
    • 会議をスケジュールするときにデータセンターの地域を選択する
  • チャット機能
    • 外部ユーザーの表示
  • 電話機能
    • 強化された暗号化
  • 解決済みの問題
    • スケジュール権限を持つ招待者が招待を辞退したときに、会議のサブセットが削除される問題を解決しました
    • マイナーなバグ修正

新規インストールする場合は、こちらからダウンロードできます

また、既にインストールしている場合は、Zoomのメニューの「zoom.us」>「アップデートの確認…」から行えます

* iOS版にはAppleの承認が必要なので、数日かかるものと思われます

iOS版「ZOOM Cloud Meetings 5.0」は、4月29日にリリースされました











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)