Foxconnは将来iPhoneの大部分の製造はインドに移行する可能性がある

Foxconnは将来iPhoneの大部分の製造はインドに移行する可能性がある

将来はインドで

Wall Street Journalによる新しいレポートが正確でれば、世界のiPhoneの大部分はいつの日かインドで製造される可能性があります

Foxconnの幹部は、予算計画にインドのプロジェクトを含めるかどうかを検討し、テリー・グー会長を含む上級幹部は来月の新年の新年の後にインドを訪問し、計画について話し合うことを計画していると言われます

Appleは現在Foxconnを通してiPhoneの大部分を製造しているが、インドにおける後者の新しいプロジェクトは、貿易と技術に対する米国と中国の緊張の高まりに対するAppleの脆弱性を指摘しています

インドでのiPhoneの製造は、中国から輸入された機器に20%の追加料金を課すことを回避することでAppleの価格を下げることに役立つと考えられる

スポンサーリンク


Foxconnはすでにインドに工場を構えており、昨年末には同社の設備を拡張してAppleのハイエンドiPhoneを組み立て始めるために約3億5,600万ドルを投資すると報じられました

昨年初め、Appleはインドのスマートフォン市場に参入するためにインドの戦略を刷新しました

この戦略には、より高い売上目標を持ち、より長く持続的な小売取引、インドでの公式Apple小売店のデビュー、および独立系小売業者との同社の関係の見直しが含まれています

スマートフォンを所有しているインド人は4人に1人だけなので、AppleはiPhoneを販売する機会は多いにありますが、これまでは上手くいかずマーケットシェアは2017年の約2%から2018年は約 1%に下落しています

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)