Apple、2020年以降iPhoneのラインナップからLCDを廃止しOLEDのみに

Apple、2020年以降iPhoneのラインナップからLCDを廃止しOLEDのみに

LCDを廃止

Appleは、2020年以降、iPhoneのラインナップからLCDスクリーンをなくすることを目指しているとされていて、Wall Street Journalの報道によると、今年のiPhone XRの後継機種が最後の主力LCDモデルになると言われています

OLEDへの移行は、野心的な2020年のiPhoneロードマップを暗示する「より柔軟な受話器設計」を可能にします

2020年のiPhoneのデザインは、今日私たちが知っているものからの急進的な出発点である可能性があり、2019年のiPhoneのシャーシは、より反復的な変更になると予想されています

スポンサーリンク

microLEDディスプレイも模索

OLEDスクリーンのピクセルは個別に点灯しているため、より不規則な形状のデバイスに使用できます、Appleはまた、もう一つのLCD代替品としてmicroLEDディスプレイを模索しています

LCDパネルサプライヤーは新たな収益源を見つけるために奮闘しています

WSJレポートの残りの部分では、ジャパンディスプレイがAppleからのLCDの注文に大きく依存しているため、日本ディスプレイがどのような窮地になるかを説明しています

LCDディスプレイに対する需要の減少と予想を下回るiPhone XRの需要が、ジャパンディスプレイの財務に大きな影響を与えます

逆に言えば、OLEDメーカーは恩恵を受けるでしょう

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)