ロシアの写真家、ドミトリー・マルコフがiPhoneを使って都市生活を捉える

ロシアの写真家、ドミトリー・マルコフがiPhoneを使って都市生活を捉える

ロシアの写真家ドミトリー・マルコフは、路上で砂漠の都市生活を捉えるためにiPhoneを使っています

モスクワ北部の工業都市プシュキノで育ち、カメラが盗まれた後にiPhoneを使い始めました

ロシアの都市生活に焦点

マルコフ氏は、ブロガー、活動家、写真家であり、ロシア最高の出版物から助成金と手数料を獲得しています
しかし、プレミアムPRイベントに雇われ、海外で彼のポートフォリオを示すために飛行したにもかかわらず、マルコフ氏はロシアの都市生活に焦点を当てていました
Russian Photographer 001

プスコフのパラオパラオの日

スポンサーリンク


2005年から2012年まで、マルコフ氏はエストニアとの国境に近い市の孤児院でボランティアを行いました
彼のカメラが孤児院の部屋から盗まれた後、彼は写真撮影のためにiPhoneに切り替えました

マルコフ氏は、ユーモラスな引用として孤児を育てる手助けは、たまごっちを維持するようなものだと、言っています

あなたは、餌を与えるこの小さな怪物を手に入れあなたが餌を与え成長します、生命のすべてが無駄ではいと感じます

Russian Photographer 002

画像元:PetaPixel
(Via the Mac Observer.)


他にも、PetaPixel でマルコフ氏の多くの写真を見ることが出来ます












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)