誰もがプロの写真家になるiPhoneカメラをAppleがどのように作り出したか

誰もがプロの写真家になるiPhoneカメラをAppleがどのように作り出したか

これまでのすべてのiPhoneのカメラのように、AppleはiPhone 8 Plusと今後のiPhone Xのカメラをこれまで最高のものとして宣伝しています

今年の飛躍は特に意義深い

「iPhone 8 Plus」や「iPhone X」のカメラシステムの機能拡張が、新ラインの中で最大のアップグレードの一部であるということについては論議の余地はありません

カメラのエフェクトはフィルターに依存するのではなく、それらは、シーンを感知し、深度のためにマップし、次に被写体上の照明輪郭を変更する機械学習と協働してAppleの新しいデュアルカメラシステムの結果です

これは、すべてのリアルタイムで行われ、Appleの非常に強力な新しい 「A11 Bionic chip」のおかげで、結果をプレビューすることができます

その結果、Appleのスケールに適用されると、何百万人ものアマチュアショットが突然専門化され、現代の写真撮影のために変革する力を持っています

多くの点で、同社がiPhone 4以降に取り組んできた高品質の画像を大衆にもたらすと言う目標を最大限に実現しています


スポンサーリンク




それを正しくするために、アップルはそれが最善を尽くすことを頼りにしました

「iPhones 8 Plus」と「いPhone X」の場合、これは他の人が歴史の中でライティングを使用していた方法、すなわちRichard Avedon、Annie Leibovitz、Vermeerを注入することを意味していました

ヒューマン・インターフェイス・チームのデザイナー、Johnnie Manzari氏は次のように言っています

Appleは、スタジオに入って、ちょうどそれをやろうと試みました
私たちは多くの時間を人々に照らして光らせ、周りを動かしていました。多くの時間がかかりました


顔の輪郭を理解しようとするエンジニアもいれば、ソフトウェアで照明を適用する方法もありました、他のシリコンエンジニアもプロセスを超高速で動作させていました


これは、機械学習のような会社の技術的なリソースと組み合わせるためには、おそらくAppleの一人一人が意識して細部に厳しい注意を払います
設計プロセスを説明すると、シラーは難解な研究とRAW技術とのコラボレーションに注意するのに苦心しています

ファッションとアートの写真家、ケビン・ルー(Instagramの@sweatengine)は、時折起こった不具合にもかかわらず、彼がそれに正当に感銘を受けていると言います。「本当に多くの可能性を開くことができます」と彼は言います
BazziPhoneCamera 002
写真を撮影するために照明を駆使します、Appleがやっていることはこれらの複雑さを取り除く事です


Anigif sub buzz 3442 1506034073 8



「Portrait Lighting」以上にAppleが力を入れて取り組んでいる注目する事は

「iPhones 8 Plus」と「いPhone X」のカメラは、雪を状況として検出し、自動的にホワイトバランス、露出、その他のものを調整しますので、心配する必要はありません

シラーは次のように述べています

それはすべてシームレスです、カメラは必要な機能を備えています


ソフトウェアはあなたのためにそれを世話する方法を知っています、設定はありません

驚く事ではありません、Appleは10年間の間、より良い写真撮影に向けて徐々にiPhoneを構築してきているでなく、プロフェッショナルとアマチュアの境界を複雑な技術の革新によって小さいものにすることが、Appleのイノベーションの特徴となっています

画像元:BuzzFeed
(Via BuzzFeed.)


ここで語られているような積み重ねが、DxO MARK Mobileランキングで「iPhone 8 Plus」が他を圧倒するトップになったのだと言えるでしょう


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)