iPhone 8の顔認識システムは、数百万分の1秒で測定する

iPhone 8の顔認識システムは、数百万分の1秒で測定する

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

100万分の1秒

iPhone 8用のサムスン製OLEDディスプレイに関する韓国のレポートによると、このデバイスで使用される顔認識システムの速度は、100万分の1秒で測定されるという

最新のすべてのレポートでは、iPhone 8でAppleがTouchIDを放棄し、ロック解除とApple Payの承認の両方のための顔認識で置き換えられていることが指摘されています
これについて懸念が表明されていますが、Appleがそれらに対処した可能性が高いと思われます

1つの懸念は、iPhoneが通常は斜めの角度で決済端末に利用されるApple Pay取引を認可するための顔認識の利便性でしたが、
Appleが使用しているシステムは、机の上に置いた様な状態でも顔の識別を可能にすると言われています

スポンサーリンク




Korea Heraldの報告書によれば

3次元センサを備えた新しい顔認識スキャナは、数百分の1秒でユーザの顔を感知することができます

また、システムが赤外線を使用することも期待されているため、WSJが指摘しているように、暗い場所でも動作します

一般に「構造光」と呼ばれる深さ検知技術は、人の顔や他のターゲットを横切る数千個の小さな赤外線ドットをマーキングします


このドットフィールドの歪みを読み取ることによって、カメラは超高精度の奥行き情報を収集します、電話機のカメラは赤外線を見ることができるが、人間は見ることができないので、このようなシステムは電話機が完全な暗闇の中でロックを解除できるようにする可能性がある

最近流出した部品の写真には、カメラとセンサー用のノッチを備えたディスプレイアセンブリを示していました

画像元:OKEZONE
(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)