米国の10代が利用するメッセージアプリはAppleの「iMessege」

米国の10代が利用するメッセージアプリはAppleの「iMessege」

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

メッセージアプリ

FamのCEOであるGiuseppe Stuto氏が投稿した新しいデータレポートでは、Appleのデフォルトのメッセージングプラットフォームの「iMessege」が米国で最も一般的に使用されているソーシャルアプリで10代(10歳〜19歳)では顕著であると

Stutoは、特に世界ではなくアメリカの十代の若者の間の傾向について話します

彼は、人々は通常iMessageを単にテキストメッセージ(SMS)を送信するアプリとして誤解していると述べているが、iPhoneにデフォルトでアプリが付属しているため、ほとんどのユーザは毎日それを使用します
彼はさらに、米国の若者のほぼ75%がiPhoneを持っていると述べている。当然ながら、Stuto氏はプラットフォームとしてのiMessageの成長についてかなり楽観的です

IMessage 002

スポンサーリンク




2016年のデータによると、Facebook Messengerの15億件とSnapchatの9億件と比較して、米国では毎日21億件以上のメッセージがiMessageに送信されています
IMessage 003

米国のティーンエージャーから送信されるメッセージの数を示す正確なデータはありませんが、iMessage経由で定期的に送信されるメッセージの数を考えると、その大部分は10代から来ていると結論づけることができます

実証されていませんが二つのデータが在ります最初のデータは「eMarketer調査」で二番目は「シカゴ大学」です

  • eMarketer調査
  • IMessage 004

  • シカゴ大学
  • IMessage 005

(Via iPhone Hacks , Medium)


日本とはメッセージアプリの人気が全く違うようですね


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)