iPhone15の進化したUVセキュリティ機構:潜在的な詐欺から消費者を保護するために

iPhone15の進化したUVセキュリティ機構:潜在的な詐欺から消費者を保護するために

今日のデジタル時代において、Apple製品、特にiPhoneを狙った詐欺がますます蔓延しています。この課題を認識したAppleは、iPhone 15で先進的なUVセキュリティ機構を導入し、大きな一歩を踏み出しました。

この革新的な機能は、デバイスの真正性を保証し、消費者にさらなる保護層を提供することを目的としています。

iPhone 15のUVラベル

Majin Bu氏が微博(Weibo)で公開した最近のビデオで、iPhone 15の箱の興味深い一面が明らかになりました。これらの箱には、紫外線の下でのみ見える特殊なラベルとQRコードが貼られています。

このホログラフィックラベルには2つの目的があります。第一に、顧客が製品の真正性を確認する際に役立ちます。第二に、Appleに密封された箱が本物かどうかを判断する仕組みを提供します。

これは些細なことのように思えるかもしれませんが、その意味は非常に大きいのです。このような機能は、整備済みまたは中古のiPhoneを新品のデバイスとして販売する潜在的な詐欺師を抑止することができます。


中古のiPhoneを、Appleの純正パッケージによく似た偽の箱に入れて再梱包する販売者は珍しくありません。これらのデバイスはその後、新品のiPhoneと同等の価格で販売され、疑うことを知らない顧客を欺いています。

Appleはこのセキュリティ強化について口を閉ざしていますが、その沈黙は戦略的なものです。この機能を公表することで、模倣品業者に対する洞察が深まり、ホログラムの複製が容易になる可能性があります。

本物のiPhone 15を購入するために

サードパーティの販売者や見慣れない店舗からiPhone 15の購入を検討している場合は、警戒することが重要です。ここでは、ユーザーが本物の製品を取得していることを確認するために取ることができるいくつかの手順を示します:

  1. 箱の詳細を調べる: iPhoneの箱の詳細を他のiPhoneの箱と比較し、不一致を見つけます。
  2. シリアル番号の確認:可能であれば、箱に印刷されているシリアル番号を確認してください。
  3. 販売者の目の前で開封: 購入後、販売者の目の前でデバイスを開きます。設定」アプリに表示されるシリアル番号やIMEIなどのデータが、箱に記載されている情報と一致していることを確認します。

iPhone 15の最新情報

iPhone 15とそのProバージョンは、発表以来大きな注目を集めてきました。9月15日に予約が開始され、9月22日から店頭で販売される予定です。Appleはまた、iPhone 15とiPhone 15 Proが今後1週間でさらに20カ国で入手可能になると発表しました。iPhone 15は、Appleの公式サイトやAmazonなどの有名なプラットフォームで購入することができます。

セキュリティ機能に加え、iPhone 15 Proは新しいシャーシデザインとA17 Proチップを誇ります。Appleはまた、iPhone 15のバッテリーヘルスの詳細を強化し、ユーザーが充電を80%に制限できるようにしました。

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)