Apple、WWDCで強化されたロック画面、iPadOSでのウィンドウ表示、デザイン変更されたMacアプリなどを発表へ

Apple、WWDCで強化されたロック画面、iPadOSでのウィンドウ表示、デザイン変更されたMacアプリなどを発表へ

Gurman氏は、最新号のPower Onニュースレターで、iOS 16、iPadOS 16、watchOS 9、tvOS 16、macOS 13を含むAppleの次期OSすべてに対する期待の概要を説明しました、同氏は、今回のアップデートが 「かなり重要」 なものになると考えています

iOS 16では・・・

  • 通知、iPadマルチタスク、およびメッセージとヘルスアプリの更新
  • ウィジェットのような機能をサポートする新しい壁紙によるロック画面の再設計
  • すべてのプラットフォームでのウィンドウ処理とマルチタスクの改善…特にiPadで
  • メッセージは、特に音声メッセージで拡張されたソーシャル機能を取得

スポンサーリンク


2022年のWWDCで登場すると噂される20以上のiOS 16、iPadOS 16、watchOS 9の新機能と改善点

watchOS 9は、既存のApple Watchフェイスのリフレッシュや新しい低電力モードとともに、「日々の操作やナビゲーションに影響を与えるwatchOSの大幅な改善」を含むとされています

Gurman氏は、macOS 13ではシステム環境設定をオーバーホールし、個々の設定をアプリごとに整理するなど、iOSの設定アプリに近づけるほか、デフォルトアプリのデザインも一新されると主張しています

(Via Apple Ttack.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)