M2 MacBook AirがWWDCでのハードウェア発表の最有力候補に、Apple AR/VRヘッドセットの可能性は低い

M2 MacBook AirがWWDCでのハードウェア発表の最有力候補に、Apple AR/VRヘッドセットの可能性は低い

BloombergのMark Gurman氏は、ニュースレター「Power On」で、今年のWorldwide Developers Conference(WWDC)でAppleのハードウェアが発表される可能性についての予想について説明しています

Appleの複合現実 (MR) ヘッドセット上で動作するとされ、かなり以前からうわさされているOSである 「realityOS」 の兆候が、2016年に入ってAppleのソースコードで見つかっています

また、AppleのAR/VRプロジェクトについても、2019年のリリースに向けて「ようやく始動に近づいている」との熱狂が高まっています

Appleが早々にヘッドセットを発表するという噂は、本日未明、WWDCのメイン基調講演からわずか2日後の2022年6月8日を海外出願期限とする「realityOS」の商標が表面化したことで煽られました

このような噂があるにもかかわらず、Gurman氏はWWDCでAppleのヘッドセットが「大々的に」発表されることを警戒しています

スポンサーリンク


Gurmanは以前、少なくともM1 Proと同程度のチップによる過熱の問題や、カメラやソフトウェアの課題など、多くの開発上の問題を受け、ヘッドセットの発売が2023年まで延期される可能性が高いと報告しています

Gurman氏によると、WWDCでハードウェアが発表されるとしたら、それはおそらくMacと思われ、同社はこのカンファレンスで、M2チップを搭載した次期MacBook Airを発表することを目指してきました

最近、中国でのCovid関連の閉鎖によるサプライチェーンの逼迫がそれを複雑にしているが、開発者によれば、Appleの社員が次世代MacBook Airをアプリで使うことが増えているそうで、これは新型Macが近いことを示すサインです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)