Google、iOSアプリのプライバシーラベル更新を計画中

Google、iOSアプリのプライバシーラベル更新を計画中

Fast Companyは記事の中で、GoogleはまだiPhoneとiPadのアプリをアップデートしておらず、Appleの新しいApp Storeのプライバシーラベル要件に合わせている、と書いていました

Fast Companyは、Googleが自社のプライバシーラベルのデータ公開を遅らせようとしているのではないかと推測しているが、実際はそうではないことがわかりました

TechCrunchの報道によると、GoogleはAppleのプライバシーラベルには異議を唱えておらず、早ければ今週か来週にもプライバシーデータをiOSアプリカタログに追加する計画だとしています

Appleは、iOS 14.3が最初に発表されたときにこの機能を約束した後、App Privacy情報をiOS 14に実装しました

App Privacyラベルは、インストールを選択する前に、アプリがどのようなデータを収集しているかを判断する方法を顧客に提供します

スポンサーリンク


Appleは、すべてのアプリに対し、「App Store」の使用例でプライバシー情報を報告するよう求めており、開発者はすべてのデータ収集を特定しなければなりません

ラベルは、ユーザーを追跡するために使用されるデータ、ユーザーにリンクされているデータ、およびユーザーにリンクされていないデータ (匿名であることを示す) などのカテゴリに分類されます

Facebookは収集するデータ量の多さからラベルの長さを批判されており、Googleも同様のプライバシーラベルを持つ可能性が高いと思われます

12月8日現在、提出されるすべてのアプリのアップデートにはプライバシーラベル情報が含まれていなければならず、iOSデバイス向けに設計されたほとんどのGoogleアプリは12月7日より前にアップデートされていませんでした

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)