Tileは、噂のAppleの「AirTags」に似たUltra Widebandの追跡タグをリリースする計画

Tileは、噂のAppleの「AirTags」に似たUltra Widebandの追跡タグをリリースする計画

Tileは、長い間うわさされてきたAppleの「AirTags」の中核機能として期待されているUltra Wideband機能を備えた新しいトラッキングデバイスを発表する予定です

Appleは数年前から独自のUWB追跡タグを開発しているが、まだリリースされていいません、実際に発売される「AirTags」には、Bluetoothだけで可能なよりもはるかに正確な位置追跡を可能にするAppleのUシリーズチップが搭載される予定です

TechCrunchによると、Tileは2021年中にUWBトラッキングデバイスをリリースする予定だと言います

Tile UWB 00002

UWBに加えて、タグは拡張現実 (AR) を利用して、ユーザーを行方不明のアイテムに誘導する。TileユーザーはTileアプリのARカメラビューを使って、オーバーレイや方向矢印を使って落とし物を見つけることができます

スポンサーリンク


情報筋がTechCrunchに伝えたところによると、TileはiOSとAndroidの両方をサポートするUWBトラッカーを2021年後半にリリースする予定ですが、新しいタグの価格は不明と言うことです

多くのユーザーはUWB機能を備えたスマートフォンを持っていないため、TileはBluetoothベースのトラッカーを市場に出し続ける予定です、AppleのiPhone 11とiPhone 12には、UWB機能を実現するU 1チップが搭載されています

Appleは、UWB 「AirTags」も2021年にリリースするとみられていて、噂されているTileタグと同じく、「AirTags」はUWBトラッキングと拡張現実機能の両方を備えていると予想され、「探す」アプリの新しい「項目」タブに統合されると言われています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)