iOSアプリ、「このAppの共有は取り消されました」のバグに関連するアプリのアップデートがリリース

iOSアプリ、「このAppの共有は取り消されました」のバグに関連するアプリのアップデートがリリース

アプリのバグ

アプリのバグにより、一部のiOSユーザーがアプリを開けなくなり、影響を受けるiPhoneおよびiPadユーザーがアプリにアクセスしようとすると、「このAppの共有は取り消されました」というメッセージが表示される問題を5月23日にお伝えしていました

App is No Longer Shared 00001 z

これには、期限切れの証明書またはアプリの共有に関連するその他の認証情報に問題があった可能性があります

問題を修正するために、Appleはこれらのアップデートを再発行して、影響を受ける各アプリに有効な証明書を含める必要がありました

スポンサーリンク


問題の起きたアプリのアップデートのバージョン履歴を見ると、通常であれば時間が表示、または1日と表示されるのですが、問題の起る前の4日と表示されています

App is No Longer Shared 00004 z

なので、今朝のアプリのアップデート数は異常に多くなっています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)