iOSアプリがトラッキングアプリにデータを送信するためにバックグラウンドアプリ更新を使用している

iOSアプリがトラッキングアプリにデータを送信するためにバックグラウンドアプリ更新を使用している

iOSでの

アプリと追跡会社の関係を調査するThe Washington Postのプライバシー実験によると、iPhoneやiPadで「Appのバックグラウンド更新」が有効になっていると、一部のiOSアプリはこの機能を使って定期的に追跡会社にデータを送信しています
Background Send 00004
Washington PostのGeoffrey Fowlerは、プライバシー関連会社のDisconnectと提携し、専門のソフトウェアを使って自分のiPhoneが何をしていたのか、いつ見たのかを調べました

アプリがトラッカーを使用してユーザーデータを共有しているのは当然のことですが、アプリがバックグラウンド更新を利用してデータを追跡会社に送信している頻度は驚くべきことです

たとえば、配信アプリDoorDashは、アプリ内でなんらかの9つのトラッカーを使用して、デバイス名、広告識別子、加速度計データ、配信先住所、名前、電子メール、携帯電話通信事業者などのデータを共有しています

DoorDashだけで追跡データを送信することはできませんし、上記のアプリも追跡情報を使用することは標準的なやり方ではありません、しかし、ほとんどの人はそれが起こっていることに気付いていません

スポンサーリンク


Fowlerが指摘しているように、どのアプリがトラッカーを使用していて、そのデータがいつあなたのiPhoneから送信されているのかを知る方法はありません

Appleは次のように述べています

アプリが独自に作成するデータとサービスについては、当社のApp Storeガイドラインでは、プライバシーポリシーを明確に定め、その前にユーザーにデータ収集の許可を求めることを開発者に義務付けています。地域によっては、私たちはアプリに慣例を変えさせるか、またはそれらのアプリが店に出ないようにします

特に夜間にユーザーの知らないうちにデータアプリに関心があるiOSユーザーは、「設定」>「一般」>「Appのバックグラウンド更新」を無効にし、アプリ「Privacy Pro SmartVPN」のようなVPNを使用してデータアプリが第三者に送信するのを制限できます

(Source The Washington Post , Via MacRumors.)



Privacy Pro SmartVPN
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

ss1 ss2











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)