Apple、AirPodsが使用できなくなったらどうなるのか?

Apple、AirPodsが使用できなくなったらどうなるのか?

発売から2年半経過

AirPodは年数を経過して使用できなくなったらどうなるでしょう?

AirPodsを象徴的にするのに役立ったシームレスなデザインはまたそれらを環境の嫌悪者にするでしょうか?

発売から2年半経過後、リチウムイオン電池が劣化したり(トイレに紛失したり、トイレに落とされたり)、所有者が3月に発売した新しいモデルにアップグレードしたため、 AirPodの世代は陳腐化しそうです

同時に、最初に159ドルのイヤースティックを購入した顧客の新しい波は、彼らが結局それらを身に着けるものかどうかを検討しています

AppleはAirPodだけの売上高を報告していないが、その予算とApple Watchは、2019年の最初の3か月だけで売上高が51億ドルに急上昇したカテゴリーの一部です

批評家たちがAirPodを新たに吟味し、その機能や性能だけでなくライフサイクル全体、そしてそれらを購入する人々への価値だけでなく、他の人々への影響を調べているのは理にかなっています

スポンサーリンク


AirPodsは、第一にリチウムイオン電池は時間とともに劣化し長持ちしません、18か月後に充電が持たなくなったと言う報告もあります

第二に、AirPodsは修理することができません、特別な道具なしで開くことが出来ません開くことが出来ても内部の部品は絡み合って一緒に接着されています

第三に、簡単にリサイクルすることはできません

第四に、かなりの人的コストで採掘された鉱物が含まれていることと、バッテリーがゴミ捨て場で火災や中毒の危険をもたらす可能性があるため、ゴミ箱に捨てるのは無責任です

このことを、Oremus氏はAppleに連絡しましたが、あまり反応があるとは思っていませんでした

スポンサーリンク

リサイクル

AppleはAirPodsがリサイクルできることを明確にしたかったと、連絡がありました

AppleのWebサイト上のリンクをクリックするとプリペイド出荷ラベルが発行され、これをFedExボックスに投函することで、デバイスをAppleのリサイクルパートナーに送ることができます

Appleは、AirPodや他のAppleデバイスをもっと効率的にリサイクルする方法を考え出すことに取り組んでいると言いました、その目的のために先月、オースティンにMaterial Recovery Labを立ち上げました

iFixitがAirPodsに修理可能性の10のうち0を与えました、iFixitのKevin Purdy氏はAppleが顧客にそれらを返品して手でリサイクルすることを許可しているという事実を、ほとんどの人はおそらくそれが選択肢であることに気付いていないし、そうである人にとってさえ、AppleはAirPodを返すための金銭的インセンティブを提供していないので「安心できない」と言います

AppleのWebサイトでも、iPhoneのように新しいAirPodを購入したときに顧客に古いAirPodを返却するように促しません

(Via OneZero.)




Appleのこのプログラムは「Apple Trade In」と呼ばれています

これにより、対象商品を次回購入時のクレジットと交換したり、Apple Storeギフトカードを入手したりできます

デバイスが、クレジットの対象とならない場合、Appleは無料でリサイクルします

日本での「Apple Trade In」はこちらです











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)