Appleの厳しいレビューのガイドラインにより、2017年にApp Storeが29%縮小

Appleの厳しいレビューのガイドラインにより、2017年にApp Storeが29%縮小

初めて規模が縮小

過去1年半の間に、AppleはApp Storeをクリーンアップし、何十万ものクローンアプリケーションとスパムアプリケーションを削除しようと努力してきました

Appfiguresの新しいレポートによると、Appleのスパムとクローンアプリケーションに対する取り締まりにより、App Storeは2017年に初めて規模が縮小しました

このレポートによると、2017年にApp Storeが終了し、210万のアプリケーションがユーザーに提供されていますが、この数字は、当初の220万件から減少しています

さらに、Appfiguresによると、開発者は2017年にこれまでと比べて新しいアプリケーションのリリースは少なかったと言います、iOSの開発者は 2017年に755,000の新しいアプリケーションを発表したと言われ、この数は前年の29%の低下です

比較のため、Google Playストアは全体で30%アップし、360万のアプリケーションとなりました
一方、開発者は2017年に150万リリースで17%増のアプリをリリースしています
App Store0405 002

スポンサーリンク


TechCrunchで概説されているように、2017年のApp Storeの見かけの減少の点で注目すべき点がいくつかあります
まず第一に、Appleは2016年末に「問題の多い放棄されたアプリを」からApp Storeから削除することを2016年末に発表しています

こうした努力は2017年に続き、Appleはクローンと迷惑メールアプリケーションに重点を置いてApp Storeの掃除活動を強化したと主張していいます
その報告書によると、Appleは既に数十万のアプリをApp Storeから削除し、また、32ビットアプリケーションを利用できなくしました

開発者からの新しいアプリケーションの見かけの減少に関して、Appfiguresは、これはAppleがアプリレビューガイドラインの施行においてより厳しくなっていたことを意味し、前年よりも高い割合の投稿を拒否している可能性があると推測しています

画像元:Appfigures
(Via 9to5Mac ,Appfigures)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)