iOS 15.4では、iPhone 12以降でマスク着用時のFace ID対応、Apple Watchは不要に

iOS 15.4では、iPhone 12以降でマスク着用時のFace ID対応、Apple Watchは不要に

今日releaseされたiOS 15.4 ベータでAppleは、Face IDの仕組みを変える便利な新機能を追加しました

「Face ID with a Mask」オプションが追加され、マスクを着用しているときにiPhoneのロックを解除できるようになりますが、「iPhone 12」以降であることが必要です

今現在、iPhoneはセキュリティを高めるために認証用のApple Watchがあればマスク着用でもロックを解除できますが、新しいオプションではApple Watchが不要になります

Face ID with a Maskは、マスク着用時に目の周りを認識することで動作するため、セキュリティは低くなりますが、利便性は高くなります

残念ながら、Face ID with a Maskは、Appleの最新のiPhoneの一部に限定されていますが、Face IDは2017年から「iPhone」Xの発売により利用可能になりました

スポンサーリンク


MacRumorsのフォーラムに記載されているように、Face ID with a MaskはiPhone 12以降では唯一のオプションなので、iPhone 12、12 mini、12 Pro、12 Pro Max、またはiPhone 13、13 mini、13 Pro、または13 Pro Maxが必要です

Face ID with a Mask 002

iPhone 11以前をお持ちの場合、iOS 15.4へのアップデート時にマスク設定画面でFace IDが表示されず、設定アプリでFace IDをオンにするオプションもありません

Appleがマスク付きFace IDを「iPhone 12」以降に限定している理由は明らかではありませんが、Face IDハードウェアには長年の間にいくつかの違いがあり、合理的なセキュリティの観点から一部のデバイスでは機能し、他のデバイスでは機能しない可能性があります

また、Appleが今後のベータ版で、マスク付きFace IDを古いiPhoneに拡大する可能性もあります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)