macOS 12.3とiPadOS 15.4のベータ版で、ついにMacとiPad間のユニバーサルコントロールが可能に

macOS 12.3とiPadOS 15.4のベータ版で、ついにMacとiPad間のユニバーサルコントロールが可能に

Appleは本日、iPadOS 15.4とmacOS Monterey 12.3の新しい開発者ベータ版をリリースし、このアップデートソフトウェアには待望のユニバーサルコントロール機能が追加されています

MacRumorsではユニバーサルコントロールを試して動画を公開しています、初期のベータ版であっても、ユニバーサルコントロールは使いやすく、便利なマルチデバイス制御のオプションとなっています

ユニバーサルコントロールを使うには、iPadOS 15.4 betaとmacOS Monterey 12.3 betaを、それぞれiPadとMacにインストールする必要があります、アップデートすると、デフォルトでこの機能が有効になり、自動的に動作するはずですが、Macを再起動しないと動作しない問題に遭遇しました

Macのユニバーサルコントロールの設定は、何らかの理由でオフにしたい場合や機能を変更したい場合は「ディスプレイ」>「詳細設定」で、iPadの場合は「一般」>「AirPlay と Handoff」でトグルを見つけることができます

スポンサーリンク


アップデート後は、MacとiPadを隣り合わせに、あるいは複数のMacとiPadがあっても、1つのデバイスのキーボードとカーソルをすべてのデバイスで使用できるようになります

例えば、動画のようにMacBook ProとiPad Proを机の上に置いている場合、MacBook ProのトラックパッドはスワイプするだけでiPadでも使えるようになり、キーボードも使えるようになります

キーボードを取り付ければ、iPadでも同じように使えます。ユニバーサルコントロールは、複数のMacの間でも、複数のMacとiPadの間でも使えます

MacからiPadにファイルをドラッグすることも、その逆も可能ですが、iPadの場合は適切なアプリケーションを開いておく必要があります

つまり、MacからiPadに写真をドラッグする場合は「写真」を開く必要があり、ホーム画面には表示できません、MacのトラックパッドジェスチャーはiPadでは使えないようですが、これも注意すべき点です

この機能は直感的でシンプルに使えるもので、あるディスプレイから次のディスプレイへ、ラグやその他の障害なしに、ただ右にスワイプするだけでいいのです

iCloudアカウントにサインインしているすべてのMacとiPadでユニバーサルコントロールを使うことができ、Appleの機能の中でも、直感的で使いやすい機能で素晴らしい例と言えます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)