Apple、今秋のiPhone 14発売を控え、日本でiPhone 13を値上げ

Apple、今秋のiPhone 14発売を控え、日本でiPhone 13を値上げ

Appleは1日、日本におけるiPhoneのモデル価格を引き上げ、日本の消費者にとってより高価な製品になりました

場合によっては、価格が20%近く高くなることもあり、円がドルに対して弱くなっていることを反映したものと思われます

Nikkei Asiaが最初に報じ、9to5Macが確認したように、iPhoneの価格はApple JapanのWebサイトで更新されたばかりで、国内の小売店でも有効になると思われます

Web ArchiveのApple Online Storeのページでは、最近価格が調整されたことが確認されています

例えば、現在Appleが販売しているiPhoneのうち、最も安い64GBの第3世代iPhone SEは、57,800円から62,800円に値上がりしています

また、ストレージが128GBのエントリーモデル「iPhone 13 Pro」は、従来価格が122,800円だったのに対し、144,800円となっています

2022 07 01 06 51 36


日本の通貨はこの3ヶ月で米ドルと比較して約15%値下がりしており、最終的には輸入品の価格に影響を及ぼしています

価格の上昇にもかかわらず、日本でのiPhoneの販売は好調のようで、最近の調査によると、新しい第3世代iPhone SEはアジアの国で需要が高く、4月の同国でのスマートフォン販売の18%を占めています

今のところ、日本では他のアップル製品の価格は据え置きのようですが、同社がこの秋のiPhone 14の発売を待たずに価格を変えたことは興味深いことです

もちろんこれは、iPhone 14の日本での発売価格が昨年のiPhone 13よりも高くなることを示唆していると言えます

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)