iFixit、M2を搭載した13インチMacBook Proを分解しM1 とほぼ同じと判断

iFixit、M2を搭載した13インチMacBook Proを分解しM1 とほぼ同じと判断

Appleは今年のWorldwide Developers Conferenceで、M2プロセッサーを内蔵した13インチMacBook Proを発表し、先日発売しました

iFixitは、5分強の比較的短いビデオを作成し、Appleの最新ノートパソコンの内部を公開しています

想像の通り、今回はApple Siliconを内部に埋め込んだ前世代の13インチMacBook Proと大きな違いはありませんでした

分解記事にも書かれているように、この新しいMacBook ProはM2プロセッサを除いて前モデルと全く同じです、同じTouch Barがあるので、そこに変更はありません、シャーシは同じなので、特筆すべき大きな違いはありません、内部も同様です

<

スポンサーリンク


しかし、iFixitがボードの交換を行ったとき、面白いことが起こりました

分解チームは、旧モデルのM1チップと新モデルのM2チップを実際に取り外し、旧デバイスにM2チップを取り付けました、すると、意外や意外、うまくいきました

ところが、この交換が原因でマシンが動きません、プロセッサーを交換すると、Touch IDやキーボードなど、マシンの主要な要素が機能しなくなるのです

また、M2を搭載した13インチのMacBook ProがSSDの性能が低いという話を聞いたことがあるかもしれません

これは、以前のM1モデルと比較すると正しく、またiFixitは、Appleが13インチMacBook ProのM 2に256GBのSSDチップ1つを採用していることを確認しました

13インチのMacBook Proには128GBのSSDチップが2つ搭載されています

(Via iDownload Blog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)