噂によるとAppleは新しいiPadアプリのウィンドウ管理機能を開発中

噂によるとAppleは新しいiPadアプリのウィンドウ管理機能を開発中

新しい噂では、AppleがiPadOSの新機能として、接続されたキーボードを自動的に検出し、ウィンドウをフルスクリーンから縮小して管理しやすくする機能を開発中であると主張しています

この報告は、TwitterアカウントのMajin Bu、Appleソフトウェアへの洞察を投稿する自称研究者から来ています、このアカウントは、先週のAppleイベントの前に、新しいグリーンiPhone 13の最初のハンズオンビデオを誰よりも早く共有し、新しいiPhoneケースをリークしました

AppleはiPadOS用のスマートシステムを開発しています。アプリは引き続き全画面表示されますが、キーボードとトラックパッドに接続すると自動的に縮小します。内部的にはAppleMixerと呼ばれています。 iPadOS 16に含まれるかどうかはわかりませんが、M1iPad専用である必要があります

スポンサーリンク


これはAppleのM1 iPad専用の機能とされているため、M1 iPad Pro(2021年)やiPad Airで、今年後半のWWDCでデビューが予想されるiPadOS 16には間に合わない可能性があります

このレポートを鵜呑みにしてはいけないが、AppleがキーボードとiPadの操作性をユーザーにとってより便利で使いやすいものにしようとしていることを示している可能性があり、アプリや画面管理のオプションをフルスクリーンや分割スクリーンよりも優れたものにしているのかもしれません

実際、このアカウントで共有された画像は、フローティングウィンドウの方が、AppleのMacラインアップにおけるデスクトップ体験を示しているようです

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)