iPad Air 5はM1チップと5GでiPad Proに匹敵する性能となる可能性

iPad Air 5はM1チップと5GでiPad Proに匹敵する性能となる可能性

3月8日のAppleイベントで、噂ではすでに新しいiPad Airが5Gサポートを搭載することが予測されていましたが、9to5Macは情報筋からの情報として、iPad Air 5はM1チップを搭載することを明らかにしました

新しいiPad Airに関する以前の噂では、iPhone 13と第6世代iPad miniに見られるのと同じA15 Bionicチップを搭載することを示唆していました

しかしAppleは、今回さらに強力なチップを追加して、iPad AirとiPad Proの差をさらに縮めたいようです

9to5Macが入手した情報によると、iPad Air 5 には、iPad Proの2021モデルに搭載されているものと同じM1チップが搭載されるます、M1チップは24インチのiMacと2020のMacBook Airを含むApple Silicon Macの初代モデルにも搭載されています

性能面では、M1チップはA15 Bionicよりも約50%高速で、A14 Bionic(第4世代iPad Airのチップ)よりも70%強力です

A15 Bionicは6コアCPUと5コアGPUを搭載しているが、M1チップは8コアCPUと7コアGPUに加え、最低構成で8 GバイトのRAMを搭載しています

スポンサーリンク


しかし、同じチップを搭載したApple Proをすでに持っているのに、なぜiPad AirでM 1チップを使うのでしょう?

まず第一に、iPad Proを他のラインナップと差別化する要素が他にもあることを念頭に置いておくことが重要だ。例えば、XDRテクノロジーを搭載したProMotionディスプレイがあります

しかし、Apple ProとiPad Airを両方ともMagic Keyboardの後継機種として売ろうとしていることを考えると、iPad Airにデスクトップ用チップが搭載されることは驚くことはないのです

Macのラインアップを例にとると、エントリーレベルのMacBook AirもMacBook ProもM1を搭載しています

同時に、iPad Proは今年後半に新しいチップに更新されると予想され、おそらく現在のM1チップよりも優れたパフォーマンスを発揮することになるでしょう

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)