2021年第1四半期のiPad市場シェアは増加、すべての価格帯のモデルが好調に推移、日本では販売台数が過去最高を更新

2021年第1四半期のiPad市場シェアは増加、すべての価格帯のモデルが好調に推移、日本では販売台数が過去最高を更新

マーケットインテリジェンス企業のCounterpoint社が、世界のタブレット市場に関する最新レポートを発表し、第1四半期にiPadの市場シェアが前年同期比で増加したことがわかりました

Appleはすでに、2020年のiPad販売台数が2019年よりも33%増加していましたが、データによると、この朗報は今年の第1四半期にも続いていました

Counterpoint Research社の最新のGlobal Tablet Market Reportによると、2020年第4四半期に5年ぶりの高水準を記録した後、2021年第1四半期に市場は前年同期比53%増となりました

主要なタブレットメーカーは、需要の増加に対応するため、2020年に生産と出荷を拡大しました
Tablet market 00002
Appleは、2020年に、2019年に比べて33%多くのiPadを世界で販売し、2021年第1四半期にはシェアを37%に拡大して、引き続き市場をリードしました

オフシーズンの影響にもかかわらず、Appleはすべての主要地域で業績を向上させ、特に日本では販売台数が過去最高を更新し続けています

スポンサーリンク


2021年第1四半期のiPad全体の出荷台数のうち、iPadの基本モデルが56%を占めています、次いで、iPad Airシリーズが19%、iPad Proシリーズが18%のシェアを占めました

消費者は常に価格と携帯性を気にしているため、最新のiPad 8が売れ筋モデルとして浮上しました

Senior Analyst Liz Lee氏は次のように述べています

最近発売されたM1 iPad Proは、これまでのモデルと比べて大きな変化をもたらしています。最初の消費者の反応は非常にポジティブなものでした。しかし、Apple社は現在、チップの不足やLiquid Retina XDRパネルに関連する生産問題など、サプライチェーンの制約に悩まされています
このため、第3四半期には、供給の安定化を背景に、M1 iPad Proの出荷台数が急増することが予想されます。この成長は、ピークシーズンの影響を受けて、第4四半期にも維持されるでしょう

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)