iCloud+、新しいプライバシーなどすべての新しい機能と改善点

iCloud+、新しいプライバシーなどすべての新しい機能と改善点

AppleはWWDC 2021でiOS15を発表しました、iOS 15のすべての改善と機能の中で、iCloudの変更はすべての人の注目を集めました

ICloud+ 00001

そして意外な動きとして、AppleはiCloudをサブスクライブする、より多くの理由を提供しています、iCloudサブスクリプションは、Appleアカウントにクラウドストレージを追加するだけではありません、iOS 15以降、iCloud で「HideMy Email」、匿名でブラウジングできる「iCloud Private Relay」などのiCloud+の新しい追加機能も利用できます

ICloud+ 00002

1. Hide My Email

昨年、Appleは、iPhoneでアプリのサインアップ時にメールアドレスを一時的に隠す「Sign in with Apple」機能を発表しました。

今回、Appleは、システム全体での「Hide My Email(メールを非公開)」機能により、すべての体験を次のレベルに引き上げようとしています

スポンサーリンク

iOS 15のアップデート後は、Webサイトやオンラインフォームで一時的な電子メールIDを生成して使用することができるようになります、iCloudでは、ランダムな電子メールアドレスを作成することができるので、本物の電子メールアドレスを知らせる必要はありません

Appleでは、好きなだけ使い捨ての電子メールアドレスを作成することができます、作成されたメールIDは、ユーザーが完全にコントロールでき、設定メニューからも追加変更が可能です、マーケティング担当者からのメールを自分のメールIDに受信したい場合は、そのためのオプションも用意されています

iPhoneの「設定」アプリを開き、「プロフィール」>「iCloud」>「自分のメールを隠す」を選択します、ここでは、新しいアドレスを作成したり、AppleがサードパーティのアプリやWebサイト用に作成した既存のアドレスを確認したりすることができます、任意のメールアドレスをタップして、「元のメールアドレスに転送」のトグルを有効にすることができます

ICloud+ 00005

そうすると、ユーザーのオリジナルのメールIDをマーケティング担当者やスパマーに伝えることなく、プロモーション用のメールを受け取ることができます、この新サービスは、企業が電子メールを介して消費者の個人情報を収集することを制限し、ユーザーが迷惑メールを受け取る割合を低減することを目的としています

ICloud+ 00006

Hide My Emailは、Safari、Mail、およびiCloud+の設定に直接組み込まれます、これはiCloud の一部になります

既存のすべてのiCloud加入者は、自動的にiCloud +パッケージにアップグレードされます

2. iCloud Private Relay

iCloud Private Relayは、iCloudサービスに新しく追加されたお気に入りの1つです

Private Relayは、IPアドレスとSafariのブラウジングアクティビティをネットワークプロバイダーやWebサイトから隠し、Appleを含め、誰もユーザーが誰であるか、またはどのサイトにアクセスしているかを確認できないようにします

スポンサーリンク

それは基本的にユーザーのWebトラフィックを詮索好きな目やスパマーから保護します、Private Relayは、オンラインプロファイルの構築を目的とするプロバイダーや広告主の両方からデータを隠します、理論的には、サードパーティのVPNサービスと同様に機能します、また、データ消費量にも制限はありません

ICloud+ 00007

Appleは、Private Relayでデュアルホップ設計を採用しているため、Appleでさえユーザーのブラウジングデータを見たり追跡したりすることはできません、これはサードパーティのVPNアプリでは利用できません

AppleはユーザーがアクセスしているWebサイトを見ることができず、IPアドレスしか追跡できません、サードパーティのトラッカーはユーザーが要求しているWebサイトしか見ることができず、IPアドレスは問題になりません

iCloud Private Relayは「設定」メニューでデフォルトでは、オンになっています
iCloud Private Relayが原因でインターネット接続が遅いと感じた場合は、「設定」メニューから特定のWi-Fiネットワークに対してオフにすることができます

iCloud Private Relayには、専用のVPNサービスと比較していくつかの機能がありません、位置情報の偽装はできません、iCloudプライベートリレーを使用して地理的な制限を無効にすることはできません、また、リリース当初はSafariブラウザに限定されています

ICloud+ 00008

3. HomeKitでの無制限のカメラサポート

iCloud +は、HomeKit Secure Videoの組み込みサポートをレベルアップして、ユーザーがHomeアプリでこれまで以上に多くのカメラを接続できるようにします

ホームセキュリティのビデオ映像はエンドツーエンドで暗号化されており、iCloudのストレージ容量にはカウントされません、これまでは5台のカメラに制限されていました

ICloud+ 00009

4. 一時的なiCloudストレージ

メディアに加えて、iPhoneをiCloudストレージにバックアップすると、ストレージの大きな塊が取り除かれます

iCloudストレージが不足していて、新しいiPhoneに切り替えるときにiCloudバックアップ機能を使用したい場合、Appleはシームレスな移行のために一時的なiCloudストレージを提供します

Appleは、最大3週間の一時バックアップを完了するために必要なだけのストレージを貸し出します

Appleによって付与された追加のiCloudストレージのおかげで、アプリ、データ、設定を含むすべてをバックアップし、それを新しいデバイスに移動することができます

スポンサーリンク

5. iCloud を使用したカスタムドメイン名

GoogleWorkspaceとMicrosoft365では、ユーザーがパーソナルブランディングにカスタムメールアドレスを使用できるようになっています、AppleがiCloud加入者に同様の機能を提供することは当然のことです

iCloud +では、カスタムドメイン名のサポートが含まれています、ユーザーは、カスタムドメイン名を使用してiCloudメールアドレスをパーソナライズし、家族を招待して、iCloudメールアカウントで同じドメインを使用することができます

カスタムの電子メールドメイン名を使用すると、AppleはiCloud+ を使用して教育およびビジネス分野をターゲットにすることができます

6.iCloudのリカバリーアカウントを追加

iOS 15では、Appleはユーザーが友人や家族のリカバリーアカウントを追加できるようにしま

リクエストに応じて、Appleはアカウントへのアクセスを取り戻すためのリカバリコードを送信します、このオプションは、iCloudアカウントのパスワードを忘れた場合や、その他の理由でアクセスできない場合に便利です

7. Digital LegacyをiCloudに追加する

Appleは、Digital Legacyと呼ばれる新しいアドオンをiCloudに導入しました

Digital Legacyを使用すると、人々は友人や家族を任命して、亡くなったときにiCloudデータを要求することができます

AppleがiCloudをクラウドストレージサービス以上のものとして位置付けたいと望んでいることは明らかです。機能やGBあたりの価格でGoogleドライブやOneDriveと競合するのではなく、AppleはiCloudを際立たせるために別の方法を取っています

新しいプライバシー機能はプライバシーとセキュリティに対するAppleの強い姿勢と完全に一致しています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)