ベゼルが細く、ホームボタンのない新しいiPad miniが今年登場

ベゼルが細く、ホームボタンのない新しいiPad miniが今年登場

主に新デザインのiPad Proに焦点を当てた新しいレポートの中で、BloombergはiPad miniに何が期待できるかについても新たな光を当てています

記事によると、Appleは今年中に、ベゼルを小さくしてホームボタンのない新デザインのiPad miniを計画しています

Appleが最後にiPad miniをアップデートしたのは2019年で、より高速なA12Bionicプロセッサやその他の改良、Apple Pencilのサポートを提供しています

昨年5月、信頼できるAppleアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleは2021年前半に8.5インチから9インチのiPad miniを発売すると報じたが、これは実現しておらず、Appleは他のiPadシリーズに注力しています

スポンサーリンク


Bloombergによると、Appleは今年中に新しいiPad miniのアップデートを計画しています

「アップデートされたiPad miniは画面の境界が狭くなる予定ですが、ホームボタンの削除もテストされています」 とレポートで説明されています

これはiPad miniにiPad Air 4とiPad Proに似たデザインを与えるでしょう、ベゼルを細くすることで、Appleは端末全体のサイズに大きな影響を与えることなく画面サイズを拡大できるようになります

最終的に、Appleがホームボタンを外すのと同じくらい思い切ったデザインのiPad miniを発売するかどうかはまだ分かりませんが、少なくともテスト中であることは分かっています

Appleが2021年の最小モデルiPadに新しい息吹を吹き込む方法を模索しているとすれば、それは確かに理にかなっていると言えます

最後に、AppleはエントリーレベルのiPadの薄型化にも取り組んでいると記事は伝えています、早ければ今年中に、新しいiPad miniと共に発売されるかもしれません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)