Microsoft Officeアプリ、トラックパッドとマウスをサポートするようになる

Microsoft Officeアプリ、トラックパッドとマウスをサポートするようになる

Microsoftはすでに、昨年10月に社内iPadアプリケーションの拡張を発表していました

そのとき同社は、オフィスソフトウェアアプリケーションの計画的な改善を発表し、とりわけ、トラックパッドとマウスの完全な統合を約束したので、iPadはまた、Appleの340ユーロのキーボードケースと組み合わせて最適に使用することができます

Office iPad 00002

ゆっくりとした展開の後、Microsoftは今日ついにAppleのMagic Keyboardの最終アップデートをリリースし、現在App Storeでダウンロードできるバージョン2.45のOfficeスイートのすべてのアプリケーションを提供しています

スポンサーリンク

AppleのMagic Keyboardの場合

Wordアプリのアップデートノートには「ユーザー・インターフェース・テキスト対話のサポート」と書かれており、Magic Keyboardのトラックパッドか、iPad上でWordとの対話性を高めるためのポインティングデバイスを使うようユーザーに呼びかけています
Office iPad 00003

サードパーティ製のマウス

もちろん、サードパーティー製のアクセサリや入力デバイスを使っているユーザーも、今回の改善の恩恵を受けることができます

これらを使用すると、Officeアプリケーション内での使用に応じて、カーソルがコンテキスト関連のツールに変換されます

通常表示されるカーソルの円は、グラフィックの拡大・縮小や移動に使用する矢印ツールとして画像を選択すると表示されます

Microsoftによると、新しいマウス機能は、特別な慣れを必要としないはずです、すでにMacやPCでOfficeを使って仕事をしたことがあるユーザーは、マイクロソフトによると、すぐにAppleのタブレットでの作業を慣れ親しんだ環境でiPadを「さらに多機能で効率的」に使用できるはずです

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)