AppleはiPad Air 4のTouchID電源ボタンにおおいに満足している

AppleはiPad Air 4のTouchID電源ボタンにおおいに満足している

Appleは9月15日にiPad Air 4を発表し、アップデートされたA14 Bionicチップ、iPad Proラインにインスパイアされたデザイン、10.9インチの大型ディスプレイを搭載しています

iPad Airの最大の変更点は、生体認証機能の変更で、Touch IDは今までのホームボタンから上部の電源ボタンに移されました

土曜日に公開されたiJustine氏とJenna Ezarik氏のポッドキャスト「Same Brain」の中で、Appleのハードウェアエンジニアリング担当副社長のJohn Ternus氏とプロダクトマーケティング担当副社長のBob Borchers氏が、iPadのラインナップが受けた変更点について語っています

IPad Air 4 Touch ID 00002 z

タブレットに搭載されたTouch IDについて、Borchers氏はこの変更を

すべての機能とセキュリティのすべてを備えた指紋センサーをそのフォームファクタに搭載するという信じられないほどのエンジニアリングの偉業

と説明して、達成したことを誇りに思っています

スポンサーリンク


Appleの幹部は、アスペクト比が狭いだけでなく、他のコンポーネントの動作を妨げないようにする必要があるため、TouchIDセンサーを電源ボタンの内側に配置するのは難しいと説明しています

具体的には、アンテナを収納するセルラーモデルの上部について言及しました、アンテナとTouch IDセンサーはどちらも非常に感度が高く、Appleはこれらが互いに干渉することなく同時に動作することを確認する必要がありました

これは、Touch IDチームとアンテナユニットがあらゆる段階で緊密に協力しなければならないことも意味しています

Ternus氏はまた、iPad Air 4のTouch IDセンサーが以前のモデルと比べて「技術の進化」であることも明らかにしました

電源ボタンのTouch IDセンサーのためのAppleのデザインは、将来的にはより多くの製品にその方法が採用される可能性があります

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)