Photoshop for IPad、公開リリースに先立ってベータテストを開始

Photoshop for IPad、公開リリースに先立ってベータテストを開始

Photoshop for IPad

Adobeは、Photoshop CC for iPadのプライベートベータテストを開始しました

アプリケーションを2018年10月に発表したとき、Adobeは2019年の発売を約束しました

Adobeは、2019年のリリース次期については詳しく説明していませんが、多くの人はこのアプリが11月上旬に開催されるAdobe MAXカンファレンスでリリースされることを期待しています

Photoshop for iPadは、デザイナーまたはアーティストがネイティブPSDファイルを作成および編集できる、真のクロスプラットフォームプロジェクトを可能にすることを約束しています

Adobe Creative Cloudを使用すると、PSDはデバイス間でシームレスに同期されるため、iPadでPhotoshopドキュメントを開始し、MacまたはPCで同じプロジェクトの編集を続けることができます

エクスポートまたはファイル変換は必要ありません

スポンサーリンク

Photoshop for iPad 00002 z
Appleは、昨年のiPad Pro発売の一環として、AdobeのPhotoshop for iPadの取り組みを推進し、iPadが何百ものレイヤーを持つ大規模なPhotoshopキャンバスを簡単に処理できることを実証しました

多くのデスクトップメタファーが、既存のPhotoshopユーザーになじみのあるエクスペリエンスを提供するパレットとサイドバーで移植されているのを見ることができます

Photoshop for iPad 00001 zPhotoshop for iPadは、Adobe Creative Cloudサブスクリプションの一部として利用できます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)