Appleの新しいiPad Proは、タッチスクリーンのMacBookが登場しない理由を最もよく説明している

Appleの新しいiPad Proは、タッチスクリーンのMacBookが登場しない理由を最もよく説明している

AppleのiPad Proは、常にラップトップの代替品のように思われてきました

今回の発表は、過去10年にわたってPC業界を席巻してきた2-in-1 WindowsノートPCに対するAppleの回答が、まさにiPad Proであることを改めて示すものとなりました、タッチスクリーンを搭載したMacが登場することはおそらくないだろうという考えを補強するものであり、それはまさにiPad Proがそうなったからです

iPad Proは、新しいWindowsノートパソコンと同じような道をたどっている

ここ数カ月の間にWindowsノートPCで見られるようになったアップグレードの多くは、新しいiPad Proにも存在しています

そのチップは、AppleのM1チップと同様に、スマートフォンやタブレットを駆動するプロセッサによく見られるARMアーキテクチャで作られています

Appleは、iPad Proに関連して、ビデオ会議を改善する方法を独自に考えています、これは、iPad Proに搭載された新しい広角フロントカメラと機械学習を活用して、ユーザーの動きに合わせて自動的に撮影を続けることができる新機能です

M1で動作するため、Appleの画像信号プロセッサも使用され、MacBook Airをレビューしたときに感じたように、色と明るさが大幅に改善されます、もちろん、最新モデルに追加された機能の中には、ラップトップと比較した場合のiPad Proの欠点に対応したものもあります

スポンサーリンク

iPad Proは、Appleが考えるコンピューティングの未来像

iPad ProがAppleにとって販売面でヒットしているかどうかは、同社が決算報告でその詳細を明記していないため不明です、しかし、明らかになっているのは、iPad Proが技術的にはラップトップではないにもかかわらず、Appleが考えるパーソナルコンピュータの未来像であるということです

12 9inchi iPad Pro 5th 00002

MacBook AirとMacBook Proは、AppleのM1チップを搭載して発売された最初のコンピュータの一つですが、iPad Proは、それを活用するために本格的に設計された最初のコンピュータのように感じられます

MacBook AirとMacBook Proは優れたラップトップですが、いくつかの点で時代遅れの感があります

最新のWindowsマシンとは異なり、柔軟性、タッチスクリーン、ほぼボーダーレスのディスプレイ、顔認識技術などの品質が欠けています、しかし、iPad Proは、それらの機能をすべて備えています

しかし、多くの人がMacBookを手放してまでiPad Proを手に入れようとするかどうかはわかりません

Appleは、Macのラインナップに大きな投資をしていますから、しかし、コンピューティングの未来に関連するAppleの視点を本当に理解したいのであれば、iPad Proは注目すべきデバイスだと思います

(Via Business insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)