iFixit、新しいiPad Pro 12.9インチの分解ビデオの公開でより小さくなったバッテリー

iFixit、新しいiPad Pro 12.9インチの分解ビデオの公開でより小さくなったバッテリー

AppleのiPad Pro 2018は、小さなねじと接着剤で固定されており専門家でも分解するのが容易ではありません

第3世代のiPad Proは、実際にはどのiPhoneよりも薄く、Appleはコンポーネントを接着することでこれを可能にしていて、iFixitは「接着された塊」と述べています

そんななかで、iFixitは「モジュール式のUSB-Cポートは、独立しており交換が可能」と言います、人々は頻繁にケーブルを接続したり取り外したりするために、このポートは故障の可能性があるが簡単に交換することが可能だと見ています

AppleはiPad Pro 2018にHomeボタンを付けませんでした、この頻繁に使用されるボタンは、以前のユニットでは消耗したり、時には壊れたりし、このユニットは修復作業を困難にしていました

バッテリは2つの異なる方法で接着されています
ロジックボードには、イソプロピルアルコールを除去する必要があり、そしてもちろん、ディスプレイに接着されています

スポンサーリンク

より小さくなったバッテリ

バッテリーサイズは、AppleがiOSデバイスについて発表していない仕様の1つです

iFixitは、それが9,720mAhのバッテリーを持っていることを発見するために、最大のものを壊さなければなりませんでした

このバッテリは昨年の12.9インチモデルの10,875mAhと比較して小さく、全体のサイズが小さくなっていない場合でも驚きではありません


この変更がiPad Pro 2018が以前のものよりも短い電池寿命になると言うことではありません

Apple 12X Bionicプロセッサは、より速い性能を提供しながら、古いデバイスのA10 Fusionチップよりも大幅に少ない電力使用で済むからです

この最新のiPad Proには2つのバッテリパックがあり、それぞれがデバイスの中央のロジックボードの両側にあります

(Via Cult of Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)