iOS 17、天気アプリの魅力的な新機能と進化したデザイン

iOS 17、天気アプリの魅力的な新機能と進化したデザイン

iOS 17では、Appleはオリジナルのアプリの一部である天気アプリを含め、さまざまな変更を導入しました、このアップデートにより、アプリの機能とデザインにいくつかの細かな変更が加えられました

最大のアップデートは、10日間の予報で昨日の天気を表示するオプションです、iOS 16では、現在の日と次の10日間のみ表示できましたが、iOS 17では現在の日、次の10日間、そして前日の天気を確認できるようになりました。
2023 06 08 10 46 47
10日間の予報では、各日の降雨の可能性が表示され、予報の代わりに「日別サマリー」が提供されます

スポンサーリンク


天気のメイン画面は、現在地の天気予報のために「My Location」という大きなテキストが表示され、その下に都市名が表示されるようにアップデートされました、iOS 16では、単に都市名が表示されていたため、複数の保存された都市を切り替える際に混乱することがありました

いくつかの天気モジュールが移動され、最初に雨と時間ごとの予報が表示されるようになりました、ニュースとアラートはアプリの下部に表示され、その日の気温が歴史的な平均と比較してどれくらいずれているかを表示する「平均」天気モジュールも新たに追加されました
2023 06 08 10 47 03
Appleは月の状態を表示する月のモジュールを追加しました、それには現在の月の状態、次の満月までの時間、月の出と月の入りの時間、月のカレンダーが表示されます

スポンサーリンク


また、風速モジュールはより大きなサイズで表示され、一目で突風の速さなどの情報を確認できます、風速モジュールでは、日ごとの比較や風速計も表示されます

UV指数、湿度、体感温度、可視性についての日次の比較も含まれており、風速、降水量、気圧、距離の単位を変更するオプションも提供されています
2023 06 08 10 47 28

(Via MacRumors.)








LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)