手間いらずの食料品ショッピング、iOS 17のリマインダーアプリが食品リストを簡素化

手間いらずの食料品ショッピング、iOS 17のリマインダーアプリが食品リストを簡素化

iOS 17の「リマインダー」アプリで「Groceries(食料品)」のリストオプションを選択すると、追加された食品アイテムが自動的にカテゴリに分類され、買い物がより簡単になります

例えば、野菜や果物は「Produce(農産物)」の下に整理され、オートミールやシリアルは「Breads & Cereals(パンとシリアル)」の下に整理されます

カテゴリには、Produce(農産物)、Breads & Cereals(パンとシリアル)、Frozen Foods(冷凍食品)、Snacks & Candy(スナックとキャンディ)、Meat(肉)、Dairy(乳製品)、Eggs & Cheese(卵とチーズ)、Bakery(ベーカリー)、Baking Items(ベーキング用品)、Household Items(家庭用品)、Personal Care & Health(個人用品と健康)、Wine, Beer & Spirits(ワイン、ビール、スピリッツ)などが含まれます

カテゴリはカスタマイズ可能で、独自のセクションを追加したり、セクションの表示順序を変更したりすることができます

スポンサーリンク


iPhoneはアイテムを適切なカテゴリに自動的に分類できない場合、未分類として扱われます、ただし、「Sour Patch Kids(サワーパッチキッズ)」のような特定のブランドや食品の種類は認識されますが、豆腐のような一部のアイテムは疑問視されるカテゴリに分類されます(Dairy, Eggs & Cheese(乳製品、卵、チーズ))

Groceryリストオプションではセクションがデフォルトで有効になっていますが、iOS 17で作成する他のリマインダーリストにもセクションを追加することができます。セクションを手動で追加し、アイテムを整理する必要がありますが、リスト管理をより便利にするための選択肢があります

新しいカラムビューでは、作成したセクションを並べて表示できます、これは通常のリストビューに追加された機能です

iOS 17の対話型ウィジェットでは、アプリを開かずにウィジェットから直接リマインダーをチェックすることができます、これは便利な変更です

また、新たに追加された機能には、リマインダーの期限が来る前に最大6ヶ月前に早めのリマインダーを受け取るオプションや、提案からリマインダーを作成するためのツールなどがあります

(Via MacRumors.)








LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)