iOS 16のヘルスケアアプリのアップデート – 睡眠アプリ –

iOS 16のヘルスケアアプリのアップデート – 睡眠アプリ –

睡眠に関する機能

睡眠記録を目的としてApple Watchをベッドで装着しているユーザーにとって、watchOS 9とiOS 16は新しい機能をもたらしてくれます

Apple Watchで記録された睡眠は、覚醒、レム睡眠、コア(軽い)睡眠、深い睡眠のカテゴリーに分類されるので、夜間にどれだけ眠れたかを把握することができます

IOS 16 Sleep 002

Apple Watchは、ベッドに入った時間、眠りにつくまでの時間、目覚めの頻度、レム睡眠、コア睡眠、深い睡眠の時間を記録します

スポンサーリンク


Appleは、さまざまな睡眠のカテゴリーを次のように定義しています

覚醒

睡眠のセッションの途中で目が覚めることがあります、時折目が覚めるのは普通のことです
また、すぐに眠りに落ちてしまい、夜中に目が覚めたことを覚えていない可能性もあります

レム睡眠

この睡眠段階は、学習と記憶に関与していると考えられます
この段階では、筋肉は最もリラックスしており、目は左右に素早く動きます。また、ほとんどの夢を見るのもこの段階です

コア(軽い)睡眠

軽い睡眠と呼ばれることもありますが、この段階も他の段階と同様に重要な段階と考えられています
この段階は、毎晩眠っている時間のほとんどを占めると言われています、認知に重要な脳波は、この段階で発生します

深い睡眠

脳波のパターンから徐波睡眠とも呼ばれ、体の組織が修復され、必要なホルモンが放出される段階です
この段階は通常、睡眠セッションの前半に長く起こります

スポンサーリンク


Apple Watchで収集した睡眠データは、ヘルスアプリの「睡眠」セクションで確認することができます、睡眠データは週ごとだけでなく、日ごとに見ることができるようになったので、1日ごとに睡眠の質を掘り下げることができます

IOS 16 Sleep 003

また、Apple Watchは、体に取り込まれた酸素のレベル、心拍数、睡眠時間、睡眠時呼吸数など、あなたが眠っている間の様々な指標を記録します

iOS 16では、ヘルスケアアプリ内に心拍数や睡眠時呼吸数を睡眠時間と並べて表示する比較チャートも用意しました

IOS 16 Sleep 004

新しい睡眠カテゴリー以外の睡眠機能は同じです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)