Appleの iPad 、第2四半期の時点で世界のタブレット市場の 38%を占める

Appleの iPad 、第2四半期の時点で世界のタブレット市場の 38%を占める

Strategy Analyticsの新しいレポートによると、2022年第2四半期(Q2)のタブレット需要は、プレミアムタブレットと着脱式タブレットの出荷台数が増加し、Apple、Windowsタブレットメーカー、そしてある程度はSamsungに有利に働き、Android市場のシェアを49%まで押し下げる結果となりました

マクロ経済圧力の高まり、消費者心理の低下、COVIDの脅威の高まり、長期化するロシアとウクライナの対立が、下半期をさらに困難なものにする可能性がある、と同研究グループは付け加えています

2022年第2四半期のiPadOSの出荷台数は前年同期比7%減の1,480万台となり、市場シェアは前年同期比3.3ポイント増となり、Appleは現在、世界タブレット市場の38%を占めています
IPad market share
SamsungはAndroid市場をリードし、2022年Q2には対前年比13%減の710万台でした、同期間の市場シェアは前期比0.2ポイント増の18%となり、市場全体を上回る業績となりました

スポンサーリンク


Lenovoは、2022年第2四半期に世界第3位に復帰しましたが、出荷台数は前年同期比-25%の350万台、市場シェアは北米とEMEA(欧州、中東、アフリカ)での競争が激化し、同期間に-1.3%減少し9%となっています

AmazonはLenovoに次ぐ340万台を出荷し、前年同期比19%減、前四半期比-10%とプライムデー前の四半期としては典型的な減少を記録し、市場シェアは0.5%低下の9%となりました

Huaweiのタブレット出荷台数は、2022年第2四半期に前年同期比34%減の140万台となりましたが、これは制裁措置や新たな競合他社がタブレット戦略を根本的に変更したためで、同社としては1年以上ぶりの好業績ででした、同期間の市場シェアは1.1%減の4%となっています

(Via Apple World.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)