iOS 15.4のマスク着用時のFace IDの仕組と知っておくべきこと

iOS 15.4のマスク着用時のFace IDの仕組と知っておくべきこと

多くの人にとって、この2年間、Face IDはマスク着用時に使えないため、イライラすることがありましたが、現在開発者とパブリックベータテスターに提供されているアiOS 15.4 betaでそれが変わりつつあります

iOS 15.4では「マスク着用時のFace ID」が追加され、顔を隠していてもFace IDでiPhoneのロックを解除できるようになり、マスクをしていても、マスクをしない場合と同様にFace IDが便利に使えるようになりました

マスク着用時のFace IDの仕組み

Face IDは、顔の下半分をマスクで覆い、目の部分をスキャンして身元を確認します

Appleによると、マスク着用時のFace IDは、マスクをしているときに顔全体を見るのではなく、目の周辺の「独特な特徴」を認識するとのことです

マスク着用時のFace IDは、マスクなしのFace IDと同様に機能します、iPhoneのディスプレイを上にスワイプすると、Face IDスキャンでロックが解除されます

マスク着用時のFace IDは標準のFace IDと互換性があるため、マスクをしているときもしていないときも同じように機能します

マスク着用時のFace IDは、ほとんどすべての点で標準のFace IDと同じですが、さらにいくつかの設定手順があり、サングラスでは機能しません

また、ロック解除の角度にはさらにいくつかの制限があります、マスク着用時のFace IDでは、ロック解除する前に目をはっきり認識する必要があるからです

スポンサーリンク

「マスク着用時のFace ID」のセットアップ

iOS 15.4にアップデートすると、マスク着用時のFace IDのセットアッププロセスが組み込まれ、完了するよう促されます、これはオリジナルのFace IDのセットアッププロセスと同じで、3D顔面スキャンを完了するよう求められます

Face ID With a Mask 002

このプロセスをスキップした場合、後でオンに切り替えることもできます、[設定]>[Face IDとパスコード]>[パスコードで認証]をタップし、[マスク着用時のFace IDを使用]をオンに切り替えます

メガネをかけている場合は、二次設定作業が必要です

メガネを追加する

マスク着用時のFace IDは目の周りをスキャンするため、かけているメガネを個々に追加する必要があります、複数のメガネをお使いの場合は、メガネごとにスキャンする必要があります

メガネを追加する手順は、[設定]>[Face IDとパスコード]をタップし、パスコードで認証して、[メガネを追加]をタップします

そこから、メガネをかけて追加のFace IDスキャンを行う必要がありますが、これは他のFace IDスキャンと同じで、頭をぐるっと回転させて複数の角度からスキャンするものです

サングラスに対応しない

標準的なFace IDは、ほとんどのサングラスをかけていても機能しますが、マスク着用時のFace IDはそうはいきません、マスク着用時のFace IDが機能するには、直接目を合わせる必要があり、サングラスは目を隠してしまいます

マスク着用時に認証を行うには、サングラスを外す必要があります
[ad#co-3

マスク着用時のFace ID認証

マスク着用時のFace IDの動作は、マスクなしのFace IDと同じで、iPhoneのロック解除、Apple Payの購入認証、他社製アプリのパスコード代わりにFace IDを使用することができます

これは、Appleが昨年のiOS 14.5で追加した「Apple Watchでロック解除」機能とは対照的で、取引の認証は行えません

デバイスの制限

マスク着用時のFace IDは、iPhone 12およびiPhone 13のモデルでのみ利用可能です

対応機種は、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Maxとなっています

それ以前のiPhoneでは使用できず、iPadでは使用できません

Appleは、以前のバージョンのiPhoneでマスク着用時のFace IDで解除が機能しないハードウェアの制限があるかどうかを明らかにしていません

セキュリティへの影響

Appleは、Face IDは全顔認識のみに設定した場合に「最も正確」であると述べていますが、部分的な顔分析でセキュリティ上の影響があるかどうかは不明です

テストでは、マスクをした他人によってiPhoneがロック解除されることはありませんでしたが、特に目の周りが似ているような家族では起こり得ないというわけではありません

Appleは、マスク着用時のFace ID機能が通常のFace IDと比較してどのように機能するかについてだけ、詳細な情報を提供していませんが、Appleは明確に安全性が低いとは言っていません

スポンサーリンク

Face ID Apple Watchのロック解除

マスク着用時のFace IDは、既存のApple Watchでロックの解除機能に取って代わるものではなく、この2つを一緒に使用することもできますが、「iPhone」ではデフォルトでマスク着用時のFace IDが使用されているため、マスク着用時のFace IDを使用したくない場合を除いてオンのままにしておく理由はありません

以前は、マスクを着用した状態で「iPhone」のロックを解除するために使用できるオプションはApple Watchでロック解除することだけでしたが、制限が厳しく、サードパーティのアプリや「ApplePay」の購入では機能しません

これは、iPhone11以前をお持ちの方にとって引き続き唯一の選択肢です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)