AppleはiOS 14のセキュリティアップデートを提供しなくなる

AppleはiOS 14のセキュリティアップデートを提供しなくなる

Appleは、iOSにアップデートしないユーザーのためにセキュリティアップデートを停止することで、ユーザーにiOS 15へのアップデートを積極的に促しています

Appleは以前、セキュリティの改善を別のリリースとして提供していました、そしてiOS 14を使い続けるユーザーには、アップグレードの準備が整うまで提供を続けると約束していましたが、数ヵ月後、状況は変わっています

昨年秋にiOS 15がデビューしたとき、Appleは初めてセキュリティアップデートを個別に提供しました、これにより、準備ができていなかった、または望まなかったユーザーは、最新の保護機能を利用するためにデバイスをアップグレードすることができました

しかし、Appleはすでに、iOS 14を使い続けることを選んだ人々の忍耐を使い果たしているようです

スポンサーリンク


今週iOS 15.2.1がリリースされ、iOS 15.3がベータテスト中であることを受けて、Appleは個別のセキュリティアップデートを中止し、ユーザーにiOS 15のインストールを積極的に促しています

「iOS 14」 をだ使用しているユーザーは、iPhoneの「ソフトウェア・アップデート」画面に、唯一のアップグレードオプションとしてiOS 15が前面中央に表示されるようになりました

以前は、オプションのインストールとしてページの下部に表示されていました、AppleはiOS 14の他のバージョンをインストールする機能も削除しました

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)