Apple、 MagSafe 搭載 iPad Proのデザイン変更計画で障害に直面

Apple、 MagSafe 搭載 iPad Proのデザイン変更計画で障害に直面

Appleは今年、iPad Proの新モデルを発表すると見られています、以前の噂では、背面がガラス製でワイヤレス充電が可能な新デザインを試していたようです

同社は依然として2022年のiPad ProにMagSafeを搭載したいと考えていますが、9to5Macは、噂されていたガラス製のデザインは廃止された可能性があると報じています

Appleの設計計画に詳しい情報筋が9to5Macに語ったところによると、iPadの背面にガラスを使用することは、破損しやすく、製品をより壊れやすくしてしまうため、同社は不透明であったそうです

しかし、背面にアルミニウムを使用すると、MagSafe Chargerとの互換性を確保するのが難しくなります

情報源によると、同社はAppleのロゴを大きくした (新しいMacBook Proのものに似ている) iPad Proのプロトタイプを開発しましたが、こちらはガラス製とのことです

その結果、ガラスのロゴを通して電力が伝達されます、また、この試作品は事故を防ぐために強力な磁石を備えており、iPhone向けのMagSafeよりも高速な充電をサポートします

スポンサーリンク


新しいiPad Proについて知ることのできる情報には、バッテリーの容量拡大、iPhone 13に似たカメラモジュール、新しいチップなどがあります

AppleがM2チップを搭載した新しいMacBook Airを発表するという噂があるように、2022 iPad ProにもM2チップが搭載されるというのは理にかなっています

今後の見通しについて、9to5Macの情報筋によると、Appleは12.9インチ以上のディスプレイを搭載したiPadモデルのプロトタイプを作成しており、Bloombergによる以前のうわさを裏付けています

また、同社がiPadの外観を他の製品と同じようにするために、ディスプレイにノッチを設けて変更することを検討していることも分かりましたが、これらの変更は実験的なものであり、今年のモデルには現れそうにありません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)